第2次世界大戦 【 731部隊 】人体実験の恐るべき実態


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

na2

na

na3

731部隊に細菌戦を命令する文書が見つかる―中国メディア – FOCUS-ASIA


FOCUS-ASIA

731部隊に細菌戦を命令する文書が見つかる―中国メディア
FOCUS-ASIA
旧日本軍の細菌戦部隊である「731部隊」に浙江省での作戦実行を命じた関東軍総司令の命令文書などが先ごろ、中国で公開された。8日付で中国新聞網が伝えた。 14年度国家社会科学基金プロジェクト「中国と日本の民間で保存されている細菌戦に関する文献・物品の …

九条俳句 事なかれ 「公民館」じゃなく「偏民館」 – 東京新聞


東京新聞

九条俳句 事なかれ 「公民館」じゃなく「偏民館」
東京新聞
青山学院大文学部を卒業後、9年余りのホテル勤務を経て作家に。69年に「高層の死角」で江戸川乱歩賞、73年に「腐食の構造」で日本推理作家協会賞、2011年に「悪道」で吉川英治文学賞。代表作に「人間の証明」、旧日本軍731部隊の実態を描いた「悪魔の飽食」など。
九条俳句提訴「日本人の良識めぐる戦い」 作家の森村氏47NEWS

all 4 news articles »

日本は、世界で最初に細菌兵器を実戦使用した国となった―― – 岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

日本は、世界で最初に細菌兵器を実戦使用した国となった――
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
1936年、陸軍軍医学校防疫研究室の石井四郎の指導の下、日本軍は、当時の満州、ハルビン郊外の平房(へいぼう)に、細菌実験と製造のための「ロ号棟(ろごうとう)」の建設を開始。1940年までには、100メートル四方3階建ての冷暖房完備の近代的なビルを中心に、毒ガス …

第2次世界大戦 【 731部隊 】と医学者たち・日本の 細菌兵器部隊 ・人体実験の恐るべき実態・現在に至るまでの影響力

isi
石井四郎中将

731部隊とは

731部隊(ななさんいちぶたい)は、第二次世界大戦期の大日本帝国陸軍に存在した研究機関のひとつ。正式名称は関東軍防疫給水部本部で、731部隊の名は、その秘匿名称(通称号)である満州第七三一部隊の略。このような通称号は日本陸軍の全部隊に付与されていた。初代部隊長の石井四郎(陸軍軍医中将)にちなんで石井部隊とも呼ばれる。
満州に拠点をおいて、防疫給水の名のとおり兵士の感染症予防や、そのための衛生的な給水体制の研究を主任務とすると同時に、細菌戦に使用する生物兵器の研究・開発機関でもあった[1]。そのために人体実験[2][3][4]や、生物兵器の実戦的使用[5][6]を行っていたとされている。細菌戦研究機関だったとする論者の中でも、その中核的存在であったとする見方がある一方で、陸軍軍医学校を中核とし、登戸研究所等の周辺研究機関をネットワーク化した特殊兵器の研究・開発のための実験・実戦部門の一部であったという見方も存在する。

生物兵器開発

731部隊は、生物兵器の開発に重要な役割を果たしていた。当時、生物兵器の「使用」を禁止する1925年のジュネーヴ議定書が成立していたが、日本は同条約を批准していなかった(1970年批准)。また、そもそも同条約では、生物兵器の「研究開発」や「生産」「保有」は禁止されていなかった。
日本が生物兵器の利用を真剣に検討し始めたのは、731部隊の部隊長などをつとめた石井四郎軍医の働きかけによると言われる。石井は、1928年から1930年にかけてドイツなどヨーロッパ各地やアメリカ合衆国などを視察・研究にまわり、帰国後に生物兵器の有用性を陸軍上層部に訴えるようになった。石井の主張は、細菌を使った生物兵器は資源の乏しい日本にとってコストパフォーマンスに優れた兵器であり、また世界各国も生物兵器の研究にすでに着手しているというものであった。1932年の陸軍軍医学校への防疫研究室の設置も、石井の働きかけによるとされる。実際に石井は、戦後のノーバート・フェル博士による尋問で、炭疽菌の効果について次のように語っている。「炭疽菌についていえば、もっとも有効な菌であると確信しました。量産できるし、抵抗力があって猛毒を保持し、致死率は80%~90%にのぼる。最も有効な伝染病はペスト、媒介節足動物による最も有効な病気は流行性脳炎であると考えました。」
終戦直後にアメリカ軍が元部隊員に行った尋問の記録とされる「田中淳雄少佐尋問録」では、田中は1943年に防疫研究の余暇を使ってペストノミの増殖の研究を命ぜられたものの、ペストノミの増殖に不可欠な白ネズミが不足していたことから、ペストノミの大量増殖は不可能であったと供述している。しかしながら、731部隊が生物兵器開発に関与したことを示す証拠は多く、ペストやチフスなどの各種の病原体の研究・培養、ノミなど攻撃目標を感染させるための媒介手段の研究が行われ、寧波、常徳、浙贛(ズイガン)などで実際にペスト菌が散布されたことが後の研究で明らかになっている

人体実験

31部隊では、生物兵器の開発や治療法の研究などの目的で、本人の同意に基づかない不当な人体実験も行われていた。石井四郎自身、医学研究において「内地でできないこと」があり、それを実行するために作ったのがハルビンの研究施設であった、と戦後に語っており、この「内地でできないこと」とは主に人体実験を指していると考えられる。
元陸軍軍医学校防疫研究室の責任者で、石井四郎の右腕といわれた内藤良一(のちの「ミドリ十字」の設立者)は、戦後のニール・スミス中尉による尋問で次のように証言している。「石井がハルビンに実験室を設けたのは捕虜が手に入るからだったのです。(中略)石井はハルビンで秘密裏に実験することを選んだのです。ハルビンでは何の妨害もなく捕虜を入手することが可能でした。」さらに、細菌部隊のアイデアは石井ひとりのものだったとし、「日本の細菌学者のほとんどは何らかの形で石井の研究に関わっていました。(中略)石井はほとんどの大学を動員して部隊の研究に協力させていたのです。」と供述している
na4

「マルタ」と呼ばれた人々

人体実験の被験者とされたのは主に捕虜やスパイ容疑者として拘束された朝鮮人、中国人、モンゴル人、アメリカ人、ロシア人等で、「マルタ(丸太)」の隠語で呼称されていた。マルタの中には、一般市民、女性(中国人女性やロシア人女性など)や、子供(モンゴル人少年やロシア人少女など)が多数含まれていた[24]だけでなく、731部隊の少年隊員も人体実験の犠牲になった。これは、731部隊が性別、年齢層、人種を超えた、幅広い実験データを必要としたためであると考えられるが、女性マルタは主に性病治療実験の材料になったという。
「マルタ」として捕えられた人々は、その瞬間から人格や名前を剥奪され、「マルタ(丸太)」、つまり実験材料として扱われたため、マルタには名前の代わりに3桁の番号が割り当てられ、重い足かせが取り付けられた。高い外壁で囲まれ、コンクリート造りの特設監獄(「マルタ小屋」と呼ばれた)に一度収容されると、マルタがそこから出られる可能性はほぼゼロに近く、人体実験の犠牲者として死亡する運命にあった。
マルタが容易に逃げ出せないことについては、野外での実験においても同じであった。石井四郎付き運転手であった越定男は、野外の安達細菌爆弾実験場で脱出を試みたマルタたちの様子について次のように回想している。
https://ja.wikipedia.org/wiki/731%E9%83%A8%E9%9A%8A




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク