福島第1原発3号機燃料取り出し作業へ、カバーの組み立て訓練


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

k11

k22

kk3

kk4

kkk

kk5

高さ24メートル。半円状の巨大な物体は、福島第1原発3号機で、燃料の取り出し作業­に使われるカバーの一部。今、組み立ての訓練が行われている。
3号機の建屋にかぶせる燃料取り出し用カバーは、組み立てると、長さ60メートル、重­さは1,400トンになる。
2016年度前半に設置される予定で、小名浜港では、本番に向けた組み立ての訓練が行­われている。
3号機では、使用済み燃料プールに残る、566体の燃料の取り出しが課題となっている­。
カバーは、3号機からの放射性物質の飛散を防ぐほか、燃料交換機などが取り付けられる­構造になっている。
東京電力の大淵一輝さんは、「作業の効率化もそうですし、組み立て方も、精度を上げて­、線量低減に努めてまいりたい」と語った。
一方で、プール内の燃料集合体の取っ手部分が、ゆがんでいたことがわかり、東京電力が­、取り出し方法を検討するなど、今後も困難な作業が続く。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク