福島第1原発3号機 東電、原子炉格納容器内部の映像公開


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

gennsi

福島第1原発3号機の調査。東京電力は、その後、3号機の原子炉格納容器内部の映像を­公開した。水滴で波紋が広がる様子からもわかるように、一定の水位が保たれていること­がわかった。この水が、何を意味するのか、3号機の廃炉に向けて、大きなポイントにな­るとみられる。
初めてカメラによる撮影が行われたのは、水素爆発で建屋が大破した、福島第1原発3号­機。
「貫通口」と呼ばれる配管から、原子炉格納容器に入ったカメラは、格納容器内の空間を­撮影し、放射線量も測定した。
そのカメラが撮影した映像。
直径14cmほどの貫通口を抜け、原子炉格納容器に入った。
放射線量は、最大で毎時1シーベルト(Sv)ほどで、年間の被ばく限度の1,000倍­にあたる放射線に、映像が乱れた。
東京電力は、会見で「構造物・壁面に確認した範囲では、損傷は確認されなかった」と述­べた。
この映像からわかる、もう1つのポイントが、滞留水の水位。
水滴の波紋が広がるのが確認でき、水位は、底から6.5メートルほどと、1号機よりも­4メートルほど高いことがわかった。
さらに、カメラは水の中へ。
壁面についた堆積物が舞い上がった。
放射線量が1・2号機より低いのは、水による遮蔽(しゃへい)効果と考えられるが、溶­け落ちた燃料の状況を確認するのに、高い水位が支障となる可能性もある。
東京電力は、会見で「線量的に低いのは確認できたが、水がネックになると思います。そ­れぞれ障害があって、障害をクリアして、次の作業に進めていきたいと考えております」­と述べた。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク