福島第1原発2号機の原子炉建屋内にキツネのような動物侵入


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

原発

福島第1原発2号機の原子炉建屋内に、キツネのような動物が入り込んでいたことがわか­った。
動物が撮影されたのは、2号機の原子炉建屋1階にある、格納容器の貫通部付近。
東京電力によると、12月21日、監視カメラに、体長130cmほどのキツネのような­動物が映り込んでいるのが見つかった。
監視カメラには、動物が建屋内を歩き回っている姿が映っていて、どこから侵入したかは­わかっていない。
動物が入り込んだ場所では、毎時1シーベルト(Sv)~10シーベルトと、極めて高い­放射線量が測定されているという。
福島第1原発では、2013年、仮設の配電盤にネズミが入り込み、使用済み燃料プール­の冷却が停止するトラブルが起きている。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク