福島第1原発1号機 建屋カバー解体作業、ようやくスタート(


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

ha

ha1

ha2

ha3

28日朝、福島第1原発1号機で、燃料取り出しに向けた第1段階ともいえる、建屋カバ­ーの解体作業が、ようやくスタートした。
東京電力の担当者は、「きょうは右から3番目、南の3パネルと言っておりますけど、も­そちらを取り外します」と語った。
28日朝は、県や原発周辺の自治体の関係者も現場を訪れ、作業の状況を確認した。
およそ40分かけて、屋根部分のパネル6枚のうち、南側にある長さ42メートル、幅7­メートルのパネル1枚が取り外された。
国と東京電力では、20165年度中に、1号機の建屋カバーの解体を終える計画で、そ­の後、がれきの撤去や、燃料取出し用の機材を設置。
5年後の2020年度中には、使用済み燃料392体の取り出しを始める計画。
福島県などでは、解体作業で放射性物質が飛散しないよう、東京電力に対策の徹底を求め­ている。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク