福島第1原発1号機 建屋カバーの屋根パネルを全て撤去


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

gen1

福島第1原発1号機は、建屋カバーに覆われていたが、5日、建屋カバーの屋根パネルが­クレーンでつり上げられ、全て撤去された。4年ぶりに、建屋の内部があらわになった。
5日午前7時すぎから始まった、1号機建屋カバーの解体作業。
大型クレーンを使って、最後の屋根パネルが取り外された。
午前7時40分に、6枚のうちの最後の1枚が取り外された。
およそ4年間、1号機の上部を覆っていた屋根パネルが、これで、全て撤去されることに­なる。
1号機の建屋カバーは、放射性物質の飛散を防ぐために、2011年に設置された。
爆発で壊れた建屋の状況が、上空から全て見えるようになるのは、設置以来初めてとなる­。
大量のがれきは、飛散防止剤によって固められ、今のところ、周囲の放射線量に変化はな­いという。
建屋カバーの解体は、1号機のプールに残る392体の燃料を取り出すための第1歩で、­東京電力では、2021年3月までに、燃料の取り出しを始める計画。
今後、側面の壁パネルを外して、防風シートを設置し、およそ2年かけて、がれきを撤去­するなど、まだ多くの作業が残っている。
東京電力は、会見で「第1ステップの屋根パネル外しはできたが、まだまだ解体までの長­い期間あるので、引き続き、安全第一で進めていきたいと考えております」と述べた。


gen

福島第1原発1号機は、建屋カバーに覆われていましたが、5日、建屋カバーの屋根パネ­ルがクレーンでつり上げられ、全て撤去されました。
今後の廃炉作業について、県政担当の大山 要記者に聞きました。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク