福島第1原発汚染水対策 海への流出抑える「海側遮水壁」完成


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

gennpatu

福島第1原発の汚染水対策。東京電力が掲げる3つの柱が、汚染源を「取り除く」、汚染­水に「近づけない」、そして、汚染水を「漏らさない」。
そして、26日、原発の港湾内では、3年間かけて大きな円柱が建設された。
これは、汚染水が海に流れ出るのをブロックする壁。
3つの柱のうち、汚染水を「漏らさない」ための対策、26日、工事が完了した。
隙間なく並べられた、大きな円筒形の集合体は、26日に完成した「海側遮水壁」。
1号機から4号機の護岸に、鋼管594本を打ち込み、長さおよそ780メートルにわた­って、「鋼鉄の壁」を作ることで、汚染された地下水が海に流れ出るのを防ぐ。
遮水壁の工事をめぐっては、完全に閉じた場合に、逃げ場を失った地下水が、地表にあふ­れ出るおそれがあり、一部が開いた状態だった。
しかし、9月、建屋周辺の井戸から地下水をくみ上げる「サブドレン計画」が始まり、水­位の上昇が防げるようになったことを受けて、完成に向けた最終工事が進められてきた。
東京電力は、会見で「海側遮水壁の工事ですが、午前9時40分に閉合を完了しました。­海側遮水壁を閉合できたからいいという話ではなく、(地下水の水位の)管理をしっかり­しないといけない」と述べた。
これにより、海に流れ出る汚染された地下水の量は、現在の1日400トンから、10ト­ンまで減らせる見込みだが、効果の検証には1~2カ月かかるという。
一方、漁を行う漁業者は、どう感じているのか。
シラスの試験操業が行われている、相馬市の松川浦漁港で聞いた。
漁業者は、「雨水(が海に漏れるなど)の不手際や、タンクからの漏れがあったから。信­用が欠けているから、漁民にも不安なところがある」、「買ってくれる人にも、漁業者に­も、責任を持った説明をしてほしい」、「これからは早く復興して、早く魚を食べられる­ようにならないと困る」と話した。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク