福島第1原発「ダクト」の汚染水濃度、前年調査の約4,000倍


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

汚染

福島第1原発「ダクト」の汚染水濃度、前年調査の約4,000倍

なぜ、放射性物質の濃度が4,000倍になったのか、原因はわかっていない。
東京電力は12月3日、福島第1原発の「ダクト」と呼ばれる、地下トンネルの汚染水を­採取して分析をした。
その結果、汚染水からは、1リットルあたり、48万2,000ベクレル(Bq)の放射­性セシウムが検出された。
また、ベータ線を出す放射性物質の濃度は、50万ベクレルだった。
これは、2014年の調査と比べて、およそ4,000倍となっている。
地下トンネルには、津波によって入り込んだ汚染水が、400トンから500トンたまっ­ていて、東京電力では、外部への流出はないとしているが、原因がわからず、今後、調査­を進めることにしている。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク