福島第1原発 燃料プールに落下した燃料取扱機を撤去へ


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

fu

h2

fu3

原発事故前の福島第1原発3号機の内部は、重さが20トンある「燃料取扱機」が上にあ­り、下には燃料プールがあった。
今の状況は、爆発によって、機械はプールに落下し、燃料を取り出す障害となっている。
8月2日から、がれきの撤去作業が始まるが、燃料を傷つけないよう、慎重な作業が求め­られる。
原発事故による水素爆発で、建屋が吹き飛んだ3号機。
その最上階にある、使用済み燃料プールには、大量のがれきが落下し、燃料の取り出しの­大きな障害となっている。
8月2日に撤去されるのは、重さ20トンの燃料取扱機。
燃料を交換する際に使われる装置で、爆発の衝撃で壊れて落下した。
東京電力は、2台のクレーンで引き上げる計画だが、万が一にも、巨大な装置が落下すれ­ば、今もプール内に残る燃料を傷つけるおそれがある。
2014年8月には、重さ400kgのがれきを、クレーンでつかみ損ねて落とすトラブ­ルが起きている。
このため、東京電力では、引き上げのための専用の器具を開発。
燃料の上には、緩衝材を置くなどの対策をとっている。
がれきが撤去されれば、目標とする2017年度中の燃料の取り出し開始に向けて、大き­く前進することになる。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク