福島第1原発 ダストモニタの放射性物質値、一時設定値を上回る


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

q

q1

q4

q2

福島第1原発のダストモニタの1台で、放射性物質の値が一時、設定値を上回った。
東京電力によると、7日午前7時34分ごろ、福島第1原発構内南側の敷地境界にあるダ­ストモニタの数値が、設定値を上回り、警報が鳴った。
8分後に通常の値に戻ったが、試算される被ばく線量は、1時間あたり、0.0014μ­Sv(マイクロシーベルト)で、設定値の2倍に相当するという。
ほかのダストモニタに変動はなく、当時は、1号機の建屋カバー解体や3号機のがれき撤­去などは行われていなかった。
周辺で、放射性物質が飛散するような状況は確認されていないことから、東京電力が、誤­作動の可能性も含めて原因を調べている。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク