福島いわき市 パイロット輸送始まる 運び出しは13市町村目


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

a1

a2

a3

福島・いわき市でも、除染で出た廃棄物の輸送が始まった。仮置き場から、中間貯蔵施設­への運び出しは、これで13市町村目となる。
パイロット輸送は、1日午前10時ごろから、いわき市川前町の志田名(しだみょう)仮­置き場で始まった。
除染で出た土などを入れたフレコンバッグを、作業員が重機を使って、1つずつ、トラッ­クに積み込んだ。
パイロット輸送は、仮置き場から中間貯蔵施設へ、安全に輸送できるかを確認するもので­、いわき市が13市町村目となる。
積み込まれた廃棄物は、川内村を通って、大熊町の中間貯蔵施設へと運ばれた。
環境省 中間貯蔵浜通り事務所・宇賀神 知則所長は「まずは、安心・安全をしっかり確かめて、今後、大量に輸送することを前提­に、そういった課題を確認しつつ進めたいと考えております」と話した。
この仮置き場からの輸送は、トラック6台を使って行い、1週間程度で終える予定だとい­う。

中間貯蔵施設への除去土壌等の輸送に係る
H26~H27 年度実施計画
(パイロット輸送)

1. パイロット輸送の基本的事項
1.1 目的
大量の除去土壌等を輸送する本格輸送に向け、安全かつ確実な輸送を実施できることを確認し
ていくことを目的として、パイロット輸送を実施する。
なお、パイロット輸送の実施に当たっては、全体として復興に資するよう、関係機関との緊密
な連携の下、復旧・復興や帰還の状況を踏まえつつ、実施することとする。また、当然のことな
がら、パイロット輸送の段階から、輸送対象物の全数管理、輸送車両の運行管理、モニタリング
等を行い、安全かつ円滑な輸送を実施する。
【パイロット輸送で確認・検証する項目の例】
 搬出~輸送~荷下ろしに係る各工程の手順、所要時間(大型車両の各路線の走行速度、帰
還困難区域の入域所要時間、スクリーニング時間 等)
 積込場4)の具体的な要件検討と効率性確認(積込場において、端末輸送5)を実施した輸送車
両から、基幹輸送6)を実施する輸送車両へ、積込場に輸送対象物を下ろすことなく直接積
み替えること(いわゆる「トラック to トラック」)ができるか/市町村が端末輸送をして、
環境省が基幹輸送をする場合にスムーズに作業分担できるか 等)
 総合管理システムの検証(改良点の抽出)
 放射線量や環境項目等の事前評価の妥当性やモニタリング方法の検証
 道路・交通対策の検証や追加対策の検討(住民や一般の運転者の意見等を踏まえた検討)
 休憩施設等の妥当性検証(休憩施設の一般利用者や運転者の意見等を踏まえた追加対策の
検討)
 リスクコミュニケーション方策の検証(住民や一般の運転者からの意見等を踏まえ検討)
1.2 期間
パイロット輸送の期間は輸送開始から1年程度を見込んでおり、輸送実施計画(パイロット輸
送)は平成 26~27 年度を対象とする。なお、中間貯蔵施設の受入可能量や「1.1 目的」で挙げ
た事項の実施状況を踏まえ、パイロット輸送の期間はできる限り短縮する。
環境省 中間貯蔵施設への除去土壌等の輸送




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク