福島「アクアマリンふくしま」に縄文時代を再現した新施設オープン


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

ka1
ka
kaw

福島・いわき市の「アクアマリンふくしま」に、縄文時代の自然を再現した「わくわく里­山・縄文の里」がオープンした。
この屋外展示施設には、縄文人が生活に利用していたクリやトチノキなど、日本の木が植­えられ、水槽には、乱獲などで絶滅したニホンカワウソに遺伝的に近い、ユーラシアカワ­ウソが展示された。
建設費はおよそ7億円で、クウェートからの復興支援金が使われた。
訪れた家族連れは「(子どもに)いろいろ見て、経験してほしいなって思って。色んなこ­とを見て、覚えてほしいなと思いますね」と話した。
「アクアマリンふくしま」の2014年の入館者数は、東日本大震災前のおよそ6割で、­関係者はこの新しい施設に期待している。

アクアマリンふくしま:「縄文の里」20日オープン 自然の循環体感、屋外施設 /福島 – 毎日新聞


福島民友

アクアマリンふくしま:「縄文の里」20日オープン 自然の循環体感、屋外施設 /福島
毎日新聞
環境科学水族館「アクアマリンふくしま」(いわき市)に20日、新しい野外展示施設「わくわく里山・縄文の里」がオープンする。同館では海洋生物を展示する本館に加え、豊かな海は豊かな山河に育まれるという、太古から続く自然の循環を体験的に学んでもらうさまざまな屋外施設 …
「縄文の里」開所記念 17日からオリジナル切手販売福島民友

all 2 news articles »

ユーラシアカワ­ウソとは

ユーラシアカワウソ(Lutra lutra)は、動物界脊索動物門哺乳綱ネコ目(食肉目)イタチ科カワウソ属に分類される食肉類。
河川、湖、池沼、森林、草原などに生息する。普通単独で生活するが、数頭からなる小規模な群れを形成することもある。
主に水辺で生活し、泳ぎや潜水は上手い。知能は高いようで、川岸の斜面を滑り降りるなどの遊びと思われる行動を行う。水辺の木の根元などに巣を作る。
魚類、両生類、鳥類、小型哺乳類、節足動物などを食べる。群れで協力し獲物を捕らえることもある。
水中で交尾を行う。妊娠期間は60-70日ほどで、1回に1-5頭の幼獣を産む。

地域によっては人に飼いならされ、漁業に用いられることもある。一方で漁獲物を食害する害獣として扱われることもある。
環境による生息地の破壊や水質汚染、害獣としての駆除、毛皮目的の乱獲などにより、生息数は減少している。日本には1-2亜種が分布していたが、北海道では1950年代に捕獲、高知県で1979年に目撃されて以降は確実な観察記録が無く絶滅した可能性がある。1964年に特別天然記念物に指定されている。2012年に、環境省より絶滅種に指定された。
Lutra lutra nippon ニホンカワウソ
wikipedia

kawa

撮影された最後のニホンカワウソ 〜新荘川 1979年〜


高知県須崎市の新荘川で撮影された最後のニホンカワウソの映像です。この個体を最後に­ニホンカワウソの生存確認はできておらず、昨年環境省によって絶滅種に指定されました­。撮影は高知県黒潮町在住の奈路広氏




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク