福島 県内に暑さを吹き飛ばす「探検スポット」があります。


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

ff
ff1
ff2
ff3

福島県には、子どもから大人まで、体力に自信のある人に必見の、暑さを吹き飛ばす「探­検スポット」があります。

福島・田村市にある国の天然記念物「あぶくま洞」。
およそ8,000万年かけてできた鍾乳洞で、鍾乳石の種類や数の多さは、東洋一といわ­れている。
洞内の気温は、年間を通して、およそ15度。
夏は涼しく、冬は暖かい環境で、大自然の造形美を楽しむことができる。
とても不思議な世界を楽しめるが、「それだけじゃ物足りない!」そんな人にとっておき­の場所もある。
車を走らせること10分、到着したのは「入水鍾乳洞」。
観光客は「きのうから福島に来ていたんですけど、きょうがメーンイベントなので楽しみ­です」と話した。
みんな装備はバッチリ、ここでは、洞窟探検を楽しむことができる。
入水鍾乳洞ガイドの上田俊幸さんは「水の中を歩いて、狭いところを通ったり、くぐった­りしていくので、そういう面では、すごく体験型というような鍾乳洞なので、おもしろい­と思います」と話した。
全長900メートルの鍾乳洞。
洞内は、A・B・Cの3つのコースに分かれ、奥に進むにつれて、険しくなっていく。
水温はおよそ10度、想像を超える冷たさ。
鍾乳洞は、行きも帰りも同じ道、すれ違うのもひと苦労だった。
続いて、最難関の胎内くぐり。
狭い道を何とか抜けて、たどり着いたのは第2の胎内くぐり。
天井も低く、四つんばいになると、肌で感じる冷たさも倍増だった。
涼しい洞窟の大冒険、一度チャレンジしてみてはいかが。

あぶくま洞

あぶくま洞は1969年9月、現在の釜山採石場跡地から発見された。この地一帯は阿武隈高地と呼ばれる高原地帯であり、中央に位置する大滝根山の西側斜面には仙台平と呼ばれるカルスト台地が広がっている。したがって古くから石灰岩や大理石の採掘が盛んな土地であった。あぶくま洞が発見されたのも石灰岩採掘中のことである。釜山採石場はあぶくま洞発見の年に操業を停止したが、その切羽である石灰岩露頭は現在の駐車場横などに残っている。
当初発見されたあぶくま洞の入り口は現在の観光洞の出口付近に位置する。洞穴自体も深さ12mの縦穴と、北へ60m、南西方向へ15mの横穴から成る小規模なものであった。翌1970年3月に日本大学の探検隊が洞内を探索し、それまで終点とされていた北端部の風穴の先にあぶくま洞主洞部を見出した。発見から4年後の1973年には見学用に洞内が整備され、一般に公開されるようになった。

あぶくま洞の一般見学ルートの長さは600mほどである。入り口から150mほどの地点に「探検コース」(約120m)への分岐があり、このルートを含めると720mになる。一般には公開されていない経路を含めた洞内の総延長は約3,300m(日本国内第11位、洞窟#日本の大洞窟を参照)で、今後の探索によってはさらに伸びる可能性がある。 洞内には様々な形状の鍾乳石が発達している。石筍や石柱をはじめ、洞穴シールド(盾板状の平たい鍾乳石)や地下水の侵食痕も見られる。
洞内の平均気温は14℃前後で、一年を通して大きくは変動しないが、詳細にみると観光開発後の1975、1977年に上層部では夏季に15~17℃、冬季に15℃、下層部では夏季に14℃、冬季に0~10℃である。外気に近い入り口付近では冬季に氷柱が見られるが、内部の水路や壁面は氷結しない。
本洞最奥部から湧き出す地下水流は、2001年○月に行われた調査によって、大滝根山麓から浸透した地下水に由来する事が明らかになり、水温9.3℃、pH8.1の弱塩基性であった
wikipedia

入水鍾乳洞

冒険心をくすぐる地底空間。
ここはまさにアドベンチャー・ワールド

国の天然記念物に指定されている入水鍾乳洞は、本格的なケイビングの醍醐味が味わえる鍾乳洞。
全長900メートルの狭い洞内は、入口から最奥部までA、B、Cの3コースに分かれています。Aコースは、普段着のままではいれます。Bコースから奥はほとんど手が加えられていないため、水温10度の冷たい水に膝まで浸かり、懐中電灯やろうそくの灯りを頼りに、鍾乳洞の隙間をくぐったり、よつんばいになりながら進みますので着替え、照明器具、ゴムぞうり等の履物が必要になります。(Cコースは案内人が必要です。また、事務所窓口で、ハーフパンツ、ろうそく、合羽、コムぞうりなどがレンタルできます。)
入水鍾乳洞 あぶくま洞




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク