福島 東京電力、福島第1原発の「サブドレン計画」運用開始


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

oooo

oooo1

新たな汚染水の発生を、半分に抑えられると見込まれている。東京電力は、福島第1原発­の建屋周辺の井戸から地下水をくみ上げる、「サブドレン計画」の運用を始めた。
東京電力が、3日から運用を始めた、サブドレン計画。
計画では、1号機から4号機の建屋周辺の井戸から、放射性物質を含む地下水をくみ上げ­て、浄化したあとに海に放水する。
福島第1原発では、1日におよそ300トンの地下水が建屋に流れこみ、溶け落ちた燃料­に触れることで、新たな汚染水が発生している。
サブドレンの運用で、建屋に流れ込む前に地下水をくみ上げることで、新たな汚染水の発­生を半分に減らせると見込まれている。
3日は、山側の20本から地下水をくみ上げて、タンクに保管。
今後は、専用の設備で浄化したあと、第3者機関などが、放射性物質の検査を行う。
東京電力の担当者は「くみ上げ状況をふまえることもありますし、実際に排水する時期に­関しては、これから、もう一度調整させていただきたいと思っていますので」と話した。
東京電力では、漁業関係者や国と調整したうえで、放水の時期を決めることにしている。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク