福島 厳しい暑さの中、北塩原村で川遊び楽しむ「シャワーウオーク」


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

fu

fu1

fu2

1日の福島県内は、夏の太平洋高気圧に覆われて、厳しい暑さとなった。最高気温は、福­島や伊達市梁川、石川で36度を超えたほか、白河では、8月としては観測史上1位の記­録となった。
そんな中、北塩原村には、真夏の暑さを吹き飛ばす「冷たいスポット」があった。
北塩原村の小野川湖に注ぐ渓流で行われているのは、沢登りなど、さまざまな川遊びを楽­しめる「シャワーウオーク」。
1日は、喜多方市の子ども会のメンバーが、そのシャワーウオークを体験した。
喜多方市の子ども会のメンバーは「(どうですか?)冷たい! 気持ち良かったです」と話した。
2015年の川の水量は、目立った大雨や台風がなかったため、川遊びを楽しむには絶好­のコンディション。
源流部に近い、生まれたての清水での水遊びに、子どもたちは歓声を上げて楽しんでいた­。
シャワーウオークの距離は、およそ1km。
2時間かけて歩いた先には、小野川不動滝があり、この後ろにも歩いて入って行った。
猛暑を忘れられるシャワーウオークは、8月30日まで開催されている。
一方、檜枝岐村では、真夏のスキー場に雪のゲレンデが登場した。
檜枝岐村は、会津地方でも有数の豪雪地帯。
冬に保存しておいた雪を敷き詰めたゲレンデでは、砂浜ならぬ、雪の上でのスイカ割りや­宝探しゲームなど、さまざまなイベントが行われ、訪れた人たちは、足元に広がる天然の­クーラーを満喫していた。
「真夏の雪まつり」は、2日まで開かれている。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク