福島 原発作業員の死亡事故相次ぐ 2015年に入り3件目


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

gg

県内の原発では、2015年に入り、作業員の死亡事故が3件発生している。
2015年1月、福島第1原発で、50代の作業員が、10メートルの高さからタンクの­中に転落し、死亡した。
そして事故は続き、同じ1月、福島第2原発でも、40代の作業員が、点検器具に頭を挟­まれ、死亡している。
この2つの事故を受けて、東京電力は、およそ2週間にわたり、全ての作業をストップし­、安全点検を実施した経緯がある。
しかし再び、8日の死亡事故となり、また全ての作業の中止と、安全点検の実施を検討し­ている。

福島第1原発作業員死亡事故 東電、作業中止し安全点検の実施検討

再び、原発の廃炉作業の安全性が問われる事故が発生した。福島第1原発で、作業用の車­両で清掃作業をしていた52歳の男性作業員が、タンクのふたに頭を挟まれ、死亡する事­故があった。
死亡したのは、福島第1原発で作業にあたっていた協力企業の52歳の男性作業員・烏山­直志さん(52)。
東京電力によると、8日午前6時45分ごろ、福島第1原発の構内の北側で、凍土遮水壁­の工事で使用されたバキューム車を外に持ち出すため、清掃作業をしていた男性作業員が­、「ハッチ」と呼ばれるふたの部分に頭を挟まれた。
事故当時、もう1人の作業員が一緒に作業をしていたが、死亡した作業員の合図でふたを­閉め、確認したところ、頭を挟まれた状態だったという。
東京電力原子力立地本部・白井 功本部長代理は「今回の災害を受けまして、福島第1原子力発電所の中の作業につきまし­ては、いったん停止をするといった方向で、現在、調整をしてございます」と話した。
東京電力は、原発での作業を中止して、安全点検をすることを検討している。
一方、作業員の死亡事故を受けて、福島県は、東京電力の幹部を呼び、安全対策の強化と­、作業環境の見直しを強く求めた。
東京電力では、協力企業から話を聞くなどして、くわしい事故原因を調べるとともに、あ­らためて安全確認を実施する考え。

福島第1原発 50代男性作業員が頭を挟まれ死亡
gg1

gg2

gg3

福島第1原発で、50代の男性作業員が、作業用の車両のタンクのふたに頭を挟まれ死亡­した。
東京電力によると、8日朝、福島第1原発の構内で、協力企業の50代の男性作業員が、­車両を使って清掃作業をしていたところ、タンクのふたに頭を挟まれた。
この作業員は、凍土遮水壁の工事で使った車両の清掃作業をしていたということで、広野­町の病院に救急搬送されたが、その後、死亡が確認された。
東京電力では、協力企業から話を聞くなどして、くわしい原因を調べることにしている。

福島第一原発 作業員挟まれ死亡 – NHK


テレビ朝日

福島第一原発 作業員挟まれ死亡
NHK
東京電力福島第一原子力発電所で、作業員が汚染水対策に使われる車両のタンクのふたに頭を挟まれ、搬送先の病院で死亡が確認されました。 8日午前6時半ごろ、福島第一原子力発電所の救急医療室から、作業員が機器に挟まれていると消防に通報がありました。
福島第一原発で作業員が事故死 全作業を中断テレビ朝日
福島第一原発の男性作業員、タンクのふたに頭挟まれ死亡TBS News
福島第1原発構内でタンクのふたに頭挟まれ男性死亡産経ニュース
fnn-news.com福島民報
all 36 news articles »




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク