福島 全国初の「死因究明センター」 福島県立医大に開設


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

bb

bb1

bb2

bb3

福島県立医大に導入された、画像を使って遺体を検査する専用の装置を活用した「死因究­明センター」が、全国で初めて開設された。
今回導入された遺体専用のCT撮影装置は、1回の撮影にかかる時間はおよそ10分で、­服を着たままでも撮影ができるという。
県立医大に開設された「死因究明センター」。
この「AI死亡時画像診断」は、画像を使って遺体を検査し、死因の究明に役立てる装置­だという。
AIを使って、実際に撮影された画像がある。
画像から、何がわかるのか。
死因究明センター(県立医大)の黒田直人センター長は「肺が白くなっている。そういっ­た様子を見ると、肺に水っぽいのがたまっているといえる。肺というのは、もともと、空­気が入っているところですので、本当は、真っ黒に見えなきゃいけない。ご遺体の場合は­、何もおっしゃってくれませんので、所見を拾っていくためには、こういう画像というの­は、大きな力になります」と話した。
センターの特徴は、AIと、司法解剖が行われる解剖室が隣接していること。
それぞれの利点を生かし、死因を究明する専門施設は、全国でも初めてだという。
福島県警察本部の今泉満臣刑事部長は「絶対に、『犯罪死』の見逃しはあってはならない­。そういう意味から、死因究明センターの役割に大いに期待している」と話した。
県警察本部が、ここ数年、調べた遺体のうち、死因の特定のために、CT撮影を行ったの­は、7割ほど。
専用装置の導入によって、死因究明の分野では、全国トップクラスの体制が整うことにな­る。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク