県の49歳職員、特別児童扶養手当支給遅延で戒告処分 岩手


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

ke

岩手県の49歳の職員が、特別児童扶養手当の支給事務などを怠り、あわせて1,500­万円余りの支給を遅らせたとして、懲戒処分となった。
戒告処分となったのは、保健福祉部の一般級の49歳の男性職員。
この職員は、2009年から5年間にわたり、特別児童扶養手当の認定と支給事務を怠り­、あわせて199件、金額にして1,500万円余りの支給を遅らせていた。
特別児童扶養手当は、身体や精神に障がいのある子どもを育てている親に対し支給される­が、県によると、この職員は、2カ月で処理すべき事務に、4カ月以上の時間をかけてい­たという。
これで、2015年度懲戒処分を受けた県職員の数は、免職が1人、戒告が1人のあわせ­て2人となった。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク