特撮タイム アクマイザー3 第29話


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

aku

アクマイザー3 第29話[公式] part1

アクマイザー3 第29話「なぜだ?!裁かれるザビタン」
峰川みさきは、転んだ老婆と子供を助けたためアクマ裁判にかけられ、コマイヌーン裁判­長に死刑を宣告された。善いことをした人を処刑するアクマ裁判とは?

アクマイザー3 第29話[公式] part2

『アクマイザー3』(アクマイザースリー)は、1975年(昭和50年)10月7日から1976年(昭和51年)6月29日まで、NETテレビ(現:テレビ朝日)系で、毎週火曜日19:00 – 19:30に全38話が放送された、NETと東映制作の特撮テレビ番組。および作品内に登場するヒーローユニットの名称である。

放送期間 1975年10月7日 – 1976年6月29日(38回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NETテレビ
監督 奥中惇夫ほか
原作 石森章太郎
脚本 長坂秀佳ほか
プロデューサー 宮崎慎一、後藤武彦、平山亨、鈴木武幸
出演者 千葉治郎、小塙謙士ほか
オープニング 「勝利だ!アクマイザー3」
エンディング 「すすめザイダベック」

『秘密戦隊ゴレンジャー』の大ヒットを受けて製作された、いわゆる「集団ヒーローもの」のひとつ。『ゴレンジャー』と同じく石ノ森章太郎が原作を担当した。初期は「悪の組織の一員が正義の心に目覚め、かつての仲間と戦う」というストーリーが展開され、主人公ザビタンの苦悩が描かれた。
変身ブームの沈静化を受けて変身しないヒーローとして製作された。ザビタンたちは普段から異形の姿のままで行動しており、その性格描写には通常のヒーロー以上に力が注がれた。ザビタンやイビルの仮面には数種類のタイプの目を用意して、これを付け替えることで感情を表現した。しかし平山亨によると本作ではザビタンたちに人間性を持たせるのに苦労し、「結局、人間の顔を持たないとダメなんです」と述べている。
第2クールからはザビタンたちが強力な魔法力(まほうりき)を使用するようになり、ザビタンは特定の人間の姿に変身するようになる。一方で着ぐるみキャラクター同士の掛け合いも増え、ストーリーもコメディ色が強くなった。当時は漫画『がきデカ』が人気を博しており、同時期には『ゴレンジャー』もコメディ路線に移行している
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC3

アクマイザー3 第30話[公式] part1

アクマイザー3 第30話「なぜだ?!眠る少女の謎」
みんなスフィンクスのなぞなぞを知ってるかい?朝は足が4本、昼は2本、夜は3本、な­ぁ~んだ?これが解けないとみんなピラミッドにされてしまうよ。アクマ族のハリスフィ­ンクスのかけるなぞなぞでガブラが変になってしまった。

アクマイザー3 第30話[公式] part2




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク