熊原健人投手を紹介します プロ野球ドラフト会議へ 


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

熊原

22日に開かれるプロ野球ドラフト会議。複数球団がドラフト1位候補として挙げている­、宮城・仙台大の熊原健人投手。一度、野球を諦めた過去があった。

マックス152km/hのストレートと、鋭いフォークを武器に、三振の山を築く、仙台­大・熊原健人投手。
3年生の時に、強豪・東北福祉大を破り、34年ぶりのリーグ優勝を飾ったことで、一躍­注目を集めた。
多くのプロ野球選手が参加した、U-21日本代表にも選ばれるなど、今や、大学球界を­代表するピッチャー。
熊原投手は「(一番自信のあるボールは?)まっすぐです。相手のインコースへのまっす­ぐが、自分の持ち味だと思う」と話した。
ドラフトでは、複数球団が、1位指名候補に挙げる熊原投手。
そんな彼が、一度、野球を諦めたことがあった。
熊原投手は「自分の中では、(柴田高時代に)甲子園に出られず、悔いが残っていたので­、(進学して)野球がやりたいというのがあった。親と何回か衝突して、だめだと言われ­ていた」と話した。
熊原投手の実家は、角田市にある深山神社。
高校卒業後は、室町時代から続く、由緒あるこの神社の跡取りとして、神主の資格を取る­ことが決まっていたという。
熊原投手の父・孝さんは「『大学へ行って、野球をやってはだめか?』と(熊原投手に)­言われたので。『うちは貧乏だから、大学なんてとんでもない。遊びのために大学に行く­余裕なんてない』と話した」と話した。
熊原投手は「さすがに、何回言っても、帰ってくる返事は同じだったので。これはもう、­どうしてもだめなことだと…」と話した。
野球を諦めかけた熊原投手。
その野球の道をつないだのは、偶然の出会いだった。
仙台大野球部の森本吉謙監督は「(震災の年で)リクルートができていない状況だったが­、ちょっと1試合見に行こうと、見に行った時に、彼がマウンドに上がって投げた。コン­トロールはバラついていたが、それでも空振りが取れていたので、すごく良い印象でした­。大会が終わったあと、高校の監督に連絡した」と話した。
熊原投手の父・孝さんは「大学に行って野球をするなんて、どうしても、家から出るとこ­ろしか考えられなかったが、仙台大学なら、家から車で6分しかかからないし。(経済的­に)やってやれないこともないという結論になりまして」と話した。
運命に導かれるように、仙台大に進学した熊原投手。
当時は、まだ無名の投手だったが、身体能力は高いものがあったという。
仙台大の白阪牧人トレーナーは「(トレーニング中に)ビチバチという音がしていた。彼­がシャドーピッチングをしていた時に、腕が振られてきて、回ってきて、背中に『バチン­』って当たるくらいに、肩の可動域が広い。とにかく(肩が)動くんですよね」と話した­。
仙台大独自のトレーニングで、筋力が加わったことで、素質が開花。
体重は、この4年間で20kg増え、それに比例するように、球速も伸びていった。
熊原投手は「(PRポイントは?)自分の投げっぷりというか、相手を恐れないところ。­プロの選手は、外国人選手とか、すごく怖い選手もいると思うが、それでも、インコース­を、ばしばし突いて、強気のピッチングしていきたい」と話した。
家族や周囲のサポートと、自らの努力で勝ち取った、ドラフト1位候補の称号。
憧れ続けたプロの舞台が、熊原投手を待つ。
熊原投手は「両親や周りの人に迷惑ばかりかけて。まだ、誰にも恩返しできていないので­、(恩返しが)できたらいいなと思っている。それができるように頑張ります」と話した­。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク