火星探査機の打ち上げ準備進む、大気喪失の原因解明へ NASA


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

[October 29 AFP] The National Aeronautics and Space Administration (NASA) announced on the 28th that launch preparation of the Mars explorer planned by the end of next month is going smoothly.
In a Mars exploration program “MAVEN (Mars Atmosphere and Volatile Evolution)”, the probe of a same name is used and it is explored how the great portion of atmosphere of Mars was lost.
A launch of ? probe is Florida, U.S., (Florida) state Cape Canaveral Air Force Station (Cape Canaveral Air Force Station), and is scheduled for 1:38 p.m. local time on November 18 (2:38 a.m. JST on the 19th).
?NASA says that a probe is due to arrive at Mars late in September, 2014, and starts the orbital circumference missions for November of the same year to one year.
(c)AFP
2ちゃんですけど勘弁してね スマホ




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『火星探査機の打ち上げ準備進む、大気喪失の原因解明へ NASA』へのコメント

  1. 名前:通りすがりです 投稿日:2013/10/29(火) 14:49:24 ID:e9842bcc2

     火星と地球は、太陽からの距離も、大きさも、同じくらいだと聞いたことがあります。
     それなのに、なぜ火星は大気の多くを失うことになってしまったのか?
     とても興味深い研究だと思います。(地球が火星のようにならないためにも…。)
     ところで、話を変えてすいませんが、NSAについて、書かせてください。
     アメリカ合衆国のNSAの通話監視に関して、スノーデン氏がリークした情報が、問題を起こしていますが、私はそもそも、「スノーデン氏は、お金のために情報をリークしているのでは?」と疑っているので、スノーデン氏提供の情報は、どこまで信用できるのだろうか?とも疑っています。
     そう思うのは、今の世の中、お金のためなら何だってやってしまいそうな人間達が、存在するからだと思います。
     例えば、日本では、多くのマスコミが、日本の自民党贔屓のスポンサーに、札束で横っ面を張られているような状態になっていると思います。公共放送のはずのNHKも、NHK会長とか受信料とかオンデマンド配信の関係?自民党贔屓の側に引っ張られているように思えます。(NHK解説職員の一本釣りみたいなことも、あるかもしれませんが…?)
     本来公正であるべきはずのマスコミが、そのような状況なので、一般人で倫理観がなく、拝金主義の人間なら、テロリストまがいのことも、やってしまうのでは?
     私はそう思ってしまうのです。
     スノーデン氏の行動も、アメリカ合衆国の人々の安全を脅かすという意味では、テロと言えるのではないでしょうか?
     一般人の中に、お金次第で、テロまがいのことまでやる人間が紛れ込んでいるとしたら、テロから人々を守るには、盗聴などの方法も、必要では?と思います。
     ただ、盗聴内容の悪用は許されないとも思いますので、関係者の方々に、良いシステム作りをお願いしたいです。