消費者の声を商品開発に モスバーガーが福島市で意見交換


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

m1

m

モスバーガーを販売するモスフードサービスは、消費者の意見を商品開発などに活かそうとおととい県内で初めて意見交換会を開きました。モスバーガーを販売するモスフードサービスでは消費者の声を聞いて商品開発や店舗運営に活かそうと全国各地で意見交換会を開いていておとといは福島市で開かれました。モスバーガーでは震災後の2013年から南郷トマトを使ったハンバーガーを期間限定で販売するなど、県内の復興支援にも力を入れています。おとといはおよそ30人の消費者がモスフードサービスの櫻田(さくらだ)社長と意見を交わし「復興イベントの会場でも移動販売車などでハンバーガーを提供してほしい」といった意見を出していました。モスフードサービスでは要望や意見などを今後のサービスに活かしていくことにしています。

「この夏限定のカレーモスバーガー」のTVCMです。
カレーモスバーガーは、3種類のカレー粉や焙煎したスパイスを使って、奥行きのある味­わいに仕上げました。
この夏だけ復活したリッチモスチーズバーガーは、スライスチーズに加え、クリーミーで­独特な風味のゴルゴンゾーラチーズソースがたっぷり。
夏の食欲を刺激する2つのモスバーガー、食べるなら今!

【サービスのご紹介】モスのネット注文

WHAT IS A MOS BURGER?(モスバーガーってなに?)/モスバーガーづくり対決!


モスバーガー (MOS BURGER)は、株式会社モスフードサービス(英文名称 MOS FOOD SERVICES,INC.)が展開する日本発祥のハンバーガーチェーン、および同店で販売されているハンバーガーの名称である。

日本人の好みにあったハンバーガーを提供することを掲げ、日本のハンバーガーフランチャイズ店でのシェアは、日本マクドナルドに次ぎ第2位。同社の公式サイトによると、2013年3月での店舗数は日本国内で1431店舗(直営店87、フランチャイズ加盟店1344)、国外で311店舗(後述)となっている。
素材を厳選し、注文を受けてから作る「アフターオーダー方式」[2]など、スローフードの要素を取り入れているのが特徴である。ファストフード店として分類はされているが、「ファストフード」(fast food)という語が表すように「すぐに食べる」ことは出来ず、ハンバーガーという商品をメインとして扱っていることからファストフードとされているだけだとも言え、ファストフードではなく「ハンバーガーレストラン」と分類される場合もある。その味の良さから人気があり、利用したいハンバーガー店ランキングでも上位にランキングされている。
1990年代後半のマクドナルドに端を発するファストフードチェーンの値下げ戦争の中で、ハンバーガーを10円程度しか下げず、大幅な値下げを行うことはほとんどなかった。「当時一番売れているタバコの値段を元に“モスバーガー”の値段を考える」という、基本的なポリシーを遵守してのことである(櫻田の講演より)。

名前の由来

モスバーガーのMOSは、MはMountain(山のように気高く堂々と)OはOcean(海のように深く広い心で)SはSun(太陽のように燃え尽きることのない情熱を持って)という意味とされている。初期にはMOST delicious hamburgerのポップを店頭に貼っていたため、これの略だとも思われたこともあったようだが、MOSの意味に変化はないという。[3]大本の由来は、創業者・櫻田慧がモス・フード・サービスの前に起こした会社Merchandising Organizing Systemの頭文字である。略称・愛称は「モス」でそれを使った「今日モス気分」などのキャッチフレーズがある。
wikipedia

モスバーガー公式サイト




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク