沖縄戦 4歳「スパイ」の汚名 渡野喜屋の悲劇


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

沖縄戦00
写真はテレビ東京の「白旗の少女」より
http://www.tv-tokyo.co.jp/shirahata/

七十年前、全身に飛び散った手りゅう弾の破片が、今も体をむしばむ。「私は、四歳で『スパイ』として処刑された」。沖縄県読谷村(よみたんそん)出身の仲本政子さん(74)=大阪市=は、悲しげに笑う。日本兵が住民を虐殺した「渡野喜屋(とのきや)事件」で生き残った。
 一九四五年五月、米軍に捕らえられた仲本さん一家は、県北部の渡野喜屋(大宜味村(おおぎみそん))の集落に収容された。村議だった父が、米兵にもらった食料をほかの人に配るのを、山に隠れた日本兵がじっと見ていた。
 「おまえたちは、こんないい物を食っているのか」。兵隊たちは夜中、一家が休む民家に踏み込んだ。仲本さんは母と兄、妹の四人で、砂浜に連行された。数十人いた周りも年配者や女性、子どもばかりだった。
 「アメリカの捕虜になって、恥ずかしくないのか!」。兵隊が怒鳴り、「一、二、三」の合図で手りゅう弾を何発か投げ込んだ。二歳の妹は死んだ。日本兵が引き揚げた後、米兵が倒れていた仲本さんを箱に入れ、テントに運んだ。
 父は別の場所で、首に短刀を突き刺されて殺された。両ひざは丸くくりぬかれ、「日の丸だ。勲章だ」と日本兵が持ち帰ったという。血の海に浮かぶ遺体を見つけた母と兄は、あまりのむごさに気絶した-。
 これが、仲本さんが二十歳の時、兄から打ち明けられた話だ。三カ月後、兄は心を患い、入院した。
 「渡野喜屋はスパイ集落」という密告が事件のきっかけだった。「私たちがスパイだなんて殺す言い訳だ。戦争は悪魔を生む。人間を信じられない私は、今も暗闇の中にいる」。仲本さんは苦しみを明かす。
沖縄戦

沖縄戦9
ソース(東京新聞)http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015062202000122.html

4歳「スパイ」の汚名 沖縄戦 渡野喜屋の悲劇 – 東京新聞


東京新聞

4歳スパイの汚名 沖縄戦 渡野喜屋の悲劇
東京新聞
太平洋戦争末期の沖縄戦では、住民が根こそぎ軍事作戦に動員された。このため、投降する住民を日本兵が「スパイ」と見なし、殺害する事件が相次いだ。背景には、軍事機密の漏えいを防ぐ法律があったが、被害者のほとんどは正当な理由もなく、口封じのために殺された。

沖縄戦とは

沖縄戦(おきなわせん、沖縄の戦い)は、太平洋戦争(大東亜戦争)末期の1945年(昭和20年)、沖縄諸島に上陸したアメリカ軍を主体とする連合国軍と日本軍との間で行われた戦いである。連合軍側の作戦名はアイスバーグ作戦(英: Operation Iceberg、氷山作戦)。琉球語では、Ucinaaikusaともいう。
太平洋戦争において、日米の最大規模で最後の戦闘となった。

戦争:太平洋戦争/大東亜戦争
年月日:1945年3月26日 – 6月23日
場所:沖縄本島および周辺島嶼、海域
結果:連合軍の勝利

沖縄戦は1945年3月26日から始まり、主要な戦闘は沖縄本島で行われ、組織的な戦闘は6月20日ないし6月23日に終了した。アメリカ軍の目的は日本本土攻略のための航空基地・補給基地の確保であった。日本軍の目的は、大本営がアメリカ軍に大打撃を与えて戦争継続を断念させる決戦を志向したのに対し、現地の第32軍司令部は当時想定されていた本土決戦に向けた時間稼ぎの「捨石作戦」(持久戦)を意図するという不統一な状況であった。第32軍はサイパンの戦いなどで失敗した水際防御を避け、ペリリューの戦い・硫黄島の戦いで行われた内陸部に誘い込んでの持久戦を基本方針として戦い、特に首里(現・那覇市の一部)北方で激戦となった。海上では大本営の決戦構想に基づき特別攻撃隊を中心とした日本軍航空部隊が攻撃を繰り返し、戦艦「大和」などの日本海軍残存艦隊による「沖縄特攻」も行われた。1945年5月末に第32軍の首里司令部は陥落し、日本軍は南部に撤退したが6月下旬までに組織的戦力を失い、6月23日には牛島司令官らが自決した。 その後も掃討戦は続き、7月2日になってアメリカ軍が沖縄戦終了を宣言し、降伏調印式が行われたのは9月7日である(沖縄戦の最終的な終結)。

住民を戦闘に巻き込んだ地上戦

沖縄戦の特徴として、「住民を戦闘に巻き込んだ地上戦」であったことが挙げられる。
戦闘に住民を巻き込む結果をもたらしたのは、戦場に多くの住民が残されたことによる。 アメリカ軍上陸までに疎開、避難ができずに戦場に残された住民の多くは、根こそぎ動員や徴用により疎開、避難が許されなかった人々である。後述のように県外疎開や本島北部への避難が許可されたのは、60歳以上と15歳未満の者などに限られ、それ以外の人々は根こそぎ動員や徴用により疎開、避難が許されなかったため、アメリカ軍の上陸で南部地域の戦場に取り残されることとなったのである。(詳細は#住民犠牲についてを参照)
このため軍と住民が混在し、住民に多大な犠牲を出すことになった。
また、根こそぎ動員や徴用によって多くの住民が戦争に参加するに到ったことも、住民を戦闘に巻き込む大きな要因となった。

連合軍兵士による性的暴行などの虐待

収容所および米軍の占領地域では、米軍兵士による住民への暴行や強盗行為が多発した。無抵抗の住民を背後より射殺するなどの蛮行が報告されており、住民女性への拉致・暴行・強姦も多数証言されている[227]。戦争の終結後も暴行は続き、たとえば、「南部戦線の戦闘が終結してからはとくに米兵たちは横暴になり、昼夜を分かたず強姦事件が頻発していた。収容所では米兵がおそってくると、酸素ボンベの鐘をたたいて女性たちを避難させるさわぎが続いた。」とも、「戦時中も戦局が追い詰められた状態になると、アメリカの軍隊そのものが集団で村の女性たちを襲ったといいます。なかには夫の目の前で犯された女性もいます。」ともいわれる。米軍兵士により強姦された女性数を10000人と推定する見解もある。ニューヨーク・タイムズの記事によれば、強姦はあまりに多発したため、65歳以上(2000年時点)の沖縄の住民は誰しもこの連合軍による強姦について知っているか、あるいは聞いたことがあるという。
アメリカ軍の報告書においても、収容所にいる女性に対し劣情を抱いた多数のアメリカ兵が周囲をうろつき中々立ち去らない為、警備する憲兵(MP)の数が足りなくなり、やむなく「強姦事件と病気予防のため」に軍の法務官に、収容所で発見された兵士を憲兵隊長に引き渡してよいという権限を与えている。
沖縄戦時中に米兵が沖縄の住民女性を強姦し、軍法会議で有罪となりながら、戦後米海軍省で判決が破棄されていた。軍法会議で禁錮9年、不名誉除隊の判決が出たが、海軍法務総監が10月に有罪判決を破棄するよう勧告。11月に海軍長官が判決を破棄し、被告を釈放して軍務に復帰させるよう命じた。勧告文では、レイプ犯罪を「女性が能力の限りを尽くして抵抗したとみられるものでなければならない」と定義。「すごくおびえて叫ぶことができなかった」と証言した被害女性に対し、最大限の抵抗をしなかった、叫び声を上げなかった-などを理由に被告を無罪とした。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%96%E7%B8%84%E6%88%A6

Okinawa war 1945 4 沖縄戦カラー映像


沖縄戦(おきなわせん)とは、太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)、沖縄諸島に­上陸した米軍と日本軍との間で行われた戦いである。アメリカ軍の作戦名はアイスバーグ­作戦(英: Operation Iceberg、氷山作戦)。第二次世界大戦における日本国内での最大規模の陸戦であ­り、また日米最後の大規模戦闘となった。国内唯一の地上戦と言われる事があるが、当時­日本領だった南洋諸島で行われたサイパンの戦い、硫黄島の戦い、占守島の戦い、南樺太­での戦闘等があるという捉え方からは誤りである[1]。ただ現在の日本の領土内では唯­一の地上戦である。また沖縄戦は他地域の地上戦に比べ、民間人が多く参加、あるいは巻­き込まれた。沖縄戦は1945年3月26日から始まり、組織的な戦闘は6月23日に終­るはずが3日早く6月20日に終了した。米軍の作戦目的は本土攻略のための航空基地・­補給基地の確保であり、日本軍のそれは当時想定されていた本土決戦[2]への流れの中­に位置づけられる[3]。主要な戦闘は沖縄本島で行われた。日本軍は水際迎撃を避けて­、持久戦闘を基本方針として戦った。特に首里(現那覇市の一部)北方で激戦となった。­沖縄諸島周辺の海上でも、神風特攻隊を中心とした日本軍航空部隊や戦艦「大和」などと­、連合軍艦隊の間で戦闘が行われた。上陸後2ヶ月経った1945年5月末に、連合軍が­首里を占領した。日本軍は南部に後退したが、6月下旬までに組織的戦力を失った。掃討­戦は終戦まで続き、不発弾処理は2010年現在も継続中である。使用された銃弾の数は­、アメリカ軍側だけで2,716,691発。このほか、砲弾6万18発と手榴弾392­,304発、ロケット弾20,359発、機関銃弾3,000万発弱が発射された[4]­。また、地形が変わるほどの激しい艦砲射撃が行われたため、この戦闘を沖縄県では鉄の­雨や鉄の暴風(英:Typhoon of Steel)などと呼ぶ。[5]沖縄戦での全戦没者は20~24万人とされる。沖縄県­生活福祉部援護課の1976年3月発表によると、日本側の死者・行方不明者は18万8­136人で、沖縄県出身者が12万2228人、そのうち9万4000人が民間人である­。ただし、沖縄県出身者の死者15万人以上という一部研究者による推計値もある。日本­側の負傷者数は不明。アメリカ軍側の死者・行方不明者は1万2520人で、負傷者7万­2千人であった。

【大東亜戦争】沖縄戦の真実「沖縄は捨て石」ではなかった【戦後70年】


大東亜戦争末期の昭和20年。
18万人を超える死者を出した沖縄戦。
しかしこの沖縄戦について地元メディアでは
「日本軍は沖縄を見捨てた」という報道が続けられている。
本当にそうだったのか?

今回、ザ・ファクトでは沖縄取材を敢行。
沖縄戦当時、
沖縄県民として戦った元特攻隊員や従軍看護婦の方々へのインタビューを通じて
地元メディアが決して報道しない「沖縄戦の本当の姿」が明らかになります。

NHKスペシャル 沖縄戦・全記録 – 2015年06月14日

Battle of Okinawa/沖縄戦


Combat footage of the Battle of Okinawa with the images of the USS Emmons. The USS Emmons was sunk off Okinawa on April 7, 1945. She lost 60 dead, 77 wounded.




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク