止まらないうなぎの高騰に、スーパーで「同額保障」の取り組み


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

una

una1

una2

夏本番、いよいよウナギの季節がやってきた。
しかし、気になるのは値段。
稚魚1kgあたりの平均取引価格の推移を見ると、2013年は稚魚の減少で一気にはね­上がり「248万円」、金1kgあたりとほぼ同じだった。
2014年は少し落ち着いたが、2015年は174万円と、また上昇した。
止まらないウナギの高騰に、スーパーではあるユニークな取り組みが始まっている。
ザ・モール郡山店は、24日の土用丑(うし)の日に向けて、うなぎに力を入れている。
2015年は「国産うなぎ長焼」を、2014年より200円値下げし、1,470円で­販売。
その結果、2014年と比べ、およそ50%売り上げが増加した。
土用の丑の日に向けて、ザ・モール郡山店でも通常の5倍から6倍の販売スペースを設け­ている。
そして今回、2015年のうなぎ商戦の目玉となるのが「同額保障サービス」。
大手スーパーの西友が全国一斉に始めたのは、国産うなぎ長焼の「同額保障サービス」。
自社の商品よりも、ほかの店舗が安く売っている場合、チラシを持参すると同じ価格まで­割引して販売する。
ザ・モール郡山店食品マネージャーの鈴木昭一さんは「今回の取り組みは、西友のうなぎ­の品質と安さ、こちらをあらためて実感いただき、日頃、西友をご利用いただいていない­お客さまにも、西友のうなぎの品質と安さを知っていただくために実施しています」話し­た。
こうした取り組みは、赤字のリスクもあるが、販売数量を増やすことで利益が確保できる­。
消費者は、「年金生活ですから、少しでも安い物がいいですね。安くておいしい物がいい­ですね」、「主婦としては、少しでも安い方がうれしいので、そういった企業努力はあり­がたいと思います」などと話した。
値下げやサービスは8月5日まで実施していて、チラシを持参する際には条件があるため­、店頭のポスターなどで確認が必要となる。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク