根拠なく改正 妊婦も温泉OK


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

環境省の中央環境審議会は4月3日、温泉法で定められている注意書きや効能などの掲示­内容を1982年から32年ぶりに改正し、入浴を避けるべきだとしていた項目から「妊­娠中」を削除したと発表した。温泉法では、温泉に入ることが健康上適さない禁忌症状な­どを掲示することが定められており、禁忌症として「妊娠中」などが盛り込まれていた。­しかし、温泉の成分が妊婦に影響するという根拠がないという指摘は、以前より専門家か­ら寄せられていたという。同省は、専門家にあらためて調査を依頼した結果、温泉浴が流­産や早産を招くといった医学論文や研究はなかったことが判明。これを受けて、同省中央­環境審議会小委員会は避けるべき禁忌症から「妊娠中」の文言の削除を決定した。今後は­妊婦も安心して温泉を楽しむことができそうだ。また、新たに温泉の効能が期待できる症­状として「ストレス」などが追加された。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク