日本 幻の兵器 試製四十一糎榴弾砲


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

heiki

【幻の兵器】ソビエト侵攻戦後にひとつの伝説を生んだ「試製41cm榴弾砲」

大正最後の年となった15年(昭和元年)、大阪砲兵工厰内火砲第一工場において、日本陸軍史上空前の巨大火砲が竣工した。仮に「四一センチ榴弾砲」と呼ばれていたその砲は、第一次世界大戦に登場した各国の巨砲(ドイツの38センチ砲やドイツの42センチ榴弾砲、フランスの52センチ榴弾砲)に刺激を受けた日本陸軍が開発したもので、敗戦に至るまで帝国陸軍最大の火砲であり続けた。

 だが、四一センチ榴弾砲は完成する前に存在意義を失っていた。

 というのも、四一センチ榴弾砲は沿岸防備要塞用と考えられており、本土防衛用の切り札として東京湾に設置される予定だったが、ワシントン軍縮会議により日本海軍が多くの戦艦を廃棄することとなり、余った戦艦の主砲を「沿岸要塞用」として陸軍に移管することとなったのである。そのため、四一センチ榴弾砲は射撃試験を終了した段階で、試製のまま無用の長物と化してしまう。結局、昭和12年になって陸軍予算が大幅に増額され、ソ連との戦争をにらんだ軍事力の整備が可能となるまで、四一センチ榴弾砲は倉庫で眠り続けた。

しかし、予算の増額にともなう対ソ戦整備が決まったことから、四一センチ榴弾砲も満州へ送られることとなり、竣工後に実用化された各種新技術が大幅に取り入れられた近代化改修も行われた。特に照準装置に新式のレオナード式制御を導入したことと電動揚弾、装填装置の採用によって、命中率、発射速度とも大きく向上し、兵器としての有効性を一段と高めている。改修れた四一センチ榴弾砲は、満州東部国境の最前線であり、最強の要塞である虎頭要塞に配備されることとなった。軍艦と対決する必要のない陸上要塞として考えた場合、四一センチ榴弾砲のような大口径火砲の配備は他に例を見ない。しかし、日本陸軍には秘密の計画があった。

 要塞の東にはウスリー河をはさんでソ連領イマンがあり、シベリア奥地からウラジオストックにつながる重要な交通路であるシベリア鉄道とスターリン街道の中継点となっていた。さらに、イマン市街のすぐ北にはシベリア鉄道のイマン鉄橋があり、イマンの街を占領できないまでも、鉄橋を破壊するか砲撃で市街を制圧できれば、ソビエト軍の物資輸送に深刻な影響を与えることが可能と考えられていた。

 日本陸軍最大の火砲であり、虎頭要塞最大の火力を誇る四一センチ榴弾砲は、イマン鉄橋破壊の切り札として送り込まれたとされている。加えて、要塞内部に渡河攻撃隊を収用して、敵の反対砲火から保護することも要塞の大きな任務のひとつだった。つまり、虎頭要塞は単なる国境要塞ではなく、イマン渡河侵攻部隊の途方もなく巨大な出撃基地であり、極めて攻撃的な重砲撃陣地でもあったのだ。

 ところが、日本はアメリカの戦争を始めてしまい、対ソ戦どころの騒ぎではなくなっていた。そして、運命のソビエト侵攻を迎えることになる。昭和20年(1945)8月9日午前零時、要塞に対する重砲の集中砲火を皮切りに、いよいよソ連軍による侵攻が始まった。要塞守備隊は砲火のどかない四一センチ榴弾砲による反撃を開始し、イマン鉄橋の破壊に成功、日本軍最大の火砲は、見事その任務を全うしたのである。

 さらに、四一センチ榴弾砲は砲身の加熱によって射撃不能となるまでソ連軍へ射撃を続け、大損害を与えたとされる。とは言え、翌日にはウスリー河を渡河したソ連軍歩兵による本格的な攻撃が開始され、早くも要塞の一角がソ連軍に占領されてしまう。結局、守備隊に敗戦が知らされた段階では要塞の主要部はほぼ占領されており、降伏を拒否した将兵も自爆、要塞内部に取り残された小部隊も掃討された。ソ連軍に大きな打撃を与えた四一センチ榴弾砲も、砲塔陣地の砲口部に撃ち込まれた敵弾が内部の火薬に引火し、陣地ごと破壊されたという。

mine
http://mine-g.jp/

【幻の兵器】ソビエト侵攻戦後にひとつの伝説を生んだ「試製41cm榴弾砲」 – リアルライブ

幻の兵器】ソビエト侵攻戦後にひとつの伝説を生んだ「試製41cm榴弾砲」
リアルライブ
大正最後の年となった15年(昭和元年)、大阪砲兵工厰内火砲第一工場において、日本陸軍史上空前の巨大火砲が竣工した。仮に「四一センチ榴弾砲」と呼ばれていたその砲は、第一次世界大戦に登場した各国の巨砲(ドイツの38センチ砲やドイツの42センチ榴弾砲、フランス …

heik

試製四十一糎榴弾砲とは

試製四十一糎榴弾砲(しせいよんじゅういちせんちりゅうだんほう)は、1920年代に大日本帝国陸軍が開発した榴弾砲(要塞砲)。通称・略称・略字[1]は四十一榴、41H。

名称 試製四十一糎榴弾砲
砲列砲車重量 318,000kg
口径 410mm
砲身長 13.445m
初速 580m/s
最大射程 20,000m
高低射界 -5°~+75°
方向射角 360°
使用弾種 破甲榴弾
使用勢力 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
総生産数 1門

本砲は口径41cm、砲身長13.445m(口径長32.8)、砲身重量80,000kg(80t)、全備重量318,000kg(318t)、砲弾重量1,000kg(1t)と、帝国陸軍の火砲では最大の口径・重量・威力を誇った。また海軍戦艦の主砲と比べても、10数年後に四十六糎の砲塔加農を装備する大和型戦艦が登場するまでは、同時代の長門型戦艦の四十一糎砲塔加農とともに日本軍では最大クラスの火砲であった。
製造後は、その大きさと運用コストの高さなどから長らく日本内地で保管されていたものの、太平洋戦争(大東亜戦争)開戦時前後に要塞砲として満州に送られ、第二次世界大戦最後の激戦地である虎頭要塞の戦いで使用され、大威力を発揮し活躍した。

開発

1920年代初頭、陸軍は要塞整備計画の一環として大口径41cmの要塞砲(海岸砲)開発を計画した。しかしながらその41cm砲は七年式三十糎長榴弾砲と比較して、砲身長約2倍・砲身重量約4倍・全備重量約3倍の巨砲であったため、重砲の製造を担当している大阪砲兵工廠火砲製造所は本砲製造のために新たに工場を新設し各製造準備を整えた。
日本製鋼所に注文済みであった砲身・被筒・他素材等が入荷し、これら部品の製造を経て、電気操縦装置などの諸機能試験や所要改修を終えた試製四十一糎榴弾砲が完成したのは1926年(大正15年)8月であった。試射場所は千葉県富津市の陸軍技術本部富津射場が予定され、砲は分解され鉄道輸送されたが、その大きさや重量から富津での荷下ろしと組み立てには東京湾要塞建築に用いられた大型走行起重機が転用された。
正式の試射前日には予備試験が行われ、重量約1,000kgの砲弾(弾丸)と約100kgの装薬を装填、電気発火により第1弾を初射撃しこれに成功。装薬を増した第2弾で腔圧を測定し常装薬量を決定したが、2,500kgを安全極限とする腔圧が3,000kgを超えていたために第3弾発射後に階段断隔螺式の閉鎖機が砲身に固着する事故が発生した。しかし総員が総がかりで閉鎖機を回しこれを開放することに成功し、また砲腔にも異常はなかったために徹夜の補修作業により機能を復旧、当日の正式試射では陸軍大臣を筆頭とする見学者数百名にその大威力を見せ付けた。
竣工試験を終えた試製四十一糎榴弾砲であったが、軍縮により余剰となった海軍戦艦の艦砲(砲塔加農)を陸軍の海岸砲(砲塔四五口径四十糎加農、口径41cm)に転用することになったため、運用コストの高い本砲の開発は一時中止状態となり未改修のまま富津射場に保管された。しかし1935年(昭和10年)、陸軍重砲兵学校より本砲の操砲研究・実用射撃実施の要望が挙がり、塞環を新調、駐退復座機・電動装置などに補修を施し実用試験が行われた結果、「大威力奇襲兵器」としての高性能と価値が認められた。
『試製四十一糎榴弾砲取扱上ノ参考』において「三、本砲ノ各部品ハ相当ノ重量物ナルヲ以テ分解結合ニ際シテハ(中略)注意スベシ」と明記されているように 、本砲はその重量や大きさゆえに操砲のための電機操縦装置を完備していた。砲弾の装填自体は運搬車に搭載されたまま付属の電動クレーンで砲尾部まで持ち上げられ、腔内へは人力で撞入される。

実戦

1945年(昭和20年)8月8日、ソ連は対日宣戦布告し9日0時をもってソ連軍は満州に侵攻(ソ連対日参戦)、国境の虎頭要塞でも砲兵隊指揮官(守備隊長代理)・大木正陸軍大尉の指揮のもと第15国境守備隊総員約1,400人は防衛戦を展開した。9日12時過ぎに試製四十一糎榴弾砲は配備以来3年3ヶ月の沈黙を破り射撃を開始、13時丁度に放った第11発目がワーク河に架かるシベリア鉄道イマン迂回線鉄橋の基礎と橋脚に着弾・命中し、これを破壊。最初で最後の実戦において本砲はイマン迂回線の撃破という最重要使命を達成した。19日に砲身が炸裂し砲撃不能になるまでさらに百数十発を射撃しているが、この炸裂は腔発かソ連軍の砲撃によるものか詳細は分かっていない。
その後の虎頭要塞と第15国境守備隊は、要塞が8月26日に陥落するまで、2個狙撃師団(歩兵師団)および機甲部隊と航空部隊連合の攻勢をかけたソ連軍を相手に2週間以上にわたり防衛戦を敢行、数十名の生還者を除き玉砕した(ソ連軍と日本軍の兵員数には10倍の差があった)。この虎頭要塞の戦いは占守島の戦いとともにソ連軍が多大な損害を被った戦闘であった。
終戦後(戦後にソ連軍将校が砲身上に乗った記念写真が残されている)、放置されていた本砲は九〇式列車加農などとともにソ連軍に接収されたものとされているが、具体的な行方や所在は不明である。なお、虎頭要塞跡には陣地(砲座)と出土した破甲榴弾が現存している。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A9%A6%E8%A3%BD%E5%9B%9B%E5%8D%81%E4%B8%80%E7%B3%8E%E6%A6%B4%E5%BC%BE%E7%A0%B2

【幻の兵器】敗戦まで日本最大射程の火砲として君臨し続けた「九 式二四センチ列車加農砲」 – リアルライブ

幻の兵器】敗戦まで日本最大射程の火砲として君臨し続けた「九 式二四センチ列車加農砲」
リアルライブ
巨大な火砲は必然的に大きくて重く、移動が困難であったが、鉄道をうまく使えば、巨大火砲を陸上で高速移動させることも可能となる。もし、鉄道車両に巨大火砲を取りつけたら、火力と機動力をあわせ持つ夢の兵器が誕生する。それが列車砲であった。そして、第一次世界大戦 …

[日本軍]榴弾砲・カノン砲 WW2 Japanese


日本ニュースより、大日本帝国陸海軍で使用されていた榴弾砲・カノン砲の射撃、運用シ­ーンを抜粋しました。各シーンは日本ニュースの号数順に並んでいます。映像から九二式­十糎加農、三八式十五糎榴弾砲、四年式十五糎榴弾砲、九六式十五糎榴弾砲、八九式十五­糎加農が確認できます。最初の重砲はおそらく鹵獲品だと思います。5:45の沿岸砲は­詳細不明です。

 九六式十五糎榴弾砲は、1930年代中期に開発・採用され、支那事変(日中戦争)後半­・ノモンハン事件・太平洋戦争における帝国陸軍の主力重榴弾砲(野戦重砲)として、主­に軍司令部直轄の野戦重砲兵が運用した。太平洋戦争では、南方作戦におけるフィリピン­作戦の第二次バターン半島・コレヒドール島砲撃戦に本砲24門を擁する野戦重砲兵第1­連隊が投入され、集成重砲兵部隊たる第14軍第1砲兵隊隷下として従軍した。1942­年4月14日よりバターン半島南端の砲列から海を挟んで約10,000m先のコレヒド­ール島アメリカ極東陸軍要塞やフライレ島などに対し連日砲撃を実施し、対するアメリカ­軍の30cmクラス大口径要塞砲(海岸砲)との間で砲撃戦が行われたが、同月19日に­24cm砲弾のコレヒドール要塞弾薬庫への命中、36cm砲の撃破などによりこの砲撃­戦に勝利、フィリピン作戦の勝利に寄与した。
 以降、本砲はガダルカナル島の戦いなど各戦線で野戦重砲兵連隊の主力火砲として使用さ­れ、巧みに隠蔽された砲陣地と不規則的な攻撃により散発的な戦果をあげ、海兵隊に「ピ­ストルピート」のあだ名をつけられた。野戦重砲兵と同じ軍砲兵たる「独立重砲兵」が運­用する八九式十五糎加農とともに、帝国陸軍の主力重砲として一貫して運用された。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク