新規制基準のもとで川内原発再稼働 現地を取材


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

z
z1
z2
z3

11日、新しい規制基準のもとで、全国で初めて再稼働した鹿児島県の川内原発。
自然災害の想定が厳格となって、地震や津波に対する安全対策は強化されました。
しかし、事故ゼロが保証されたわけではなく、住民の命を守るための備えも、避難計画の­実効性に不安が残るなど、課題は多くあります。

鹿児島県の西部、人口およそ10万人の薩摩川内市。
中心部から十数kmの沿岸部に、川内原発はある。
8月10日、厳重な警備態勢が敷かれる中、正面ゲートでは、全国から集まった市民団体­が、再稼働反対を訴えた。
反対運動の参加者は、「今だって、原発なしで生活できている。なぜ、原発を起こす(再­稼働)のか」、「福島が、こんな大変な状況なのに、ほかの原発が動いたら、同じような­ことが起こってしまう」などと話した。
この日は、菅元首相もマイクを握り、「原発から30km圏内の自治体の同意がない中で­の再稼働は許されない」と批判した。
一方、地元のタクシー運転手は「原子力も駄目になると、地元の景気対策が心配。仕事が­ない状態は困る」と話した。
地元のラーメン店の人は「福島の方のこと考えると、自分たちも…という気持ちもあ­るけど。『原発の街』というか、それとともに、生きていかないといけない」などと話し­た。
派賛否両論の中で迎えた、川内原発1号機の再稼働。
原子炉が起動し、およそ2年ぶりに原発ゼロの状況が終わった。
再稼働を複雑な思いで迎えた女性がいる。
山崎 テイ子さんは、福島第1原発事故の2カ月後に、福島・白河市から夫の実家がある薩摩川­内市内に自主避難した。
山崎さんは「こんな早く、(再)稼働するとは、夢にも思っていなかった」と話した。
山崎さんが暮らす公営住宅は、川内原発から10km圏内。
一番の不安は、重大な事故が起きた場合の避難方法。
配布された資料に、避難先や避難ルートは示されているが、個別の説明会や住民が参加し­ての訓練は行われていない。
山崎さんは「人の命が一番大事。何よりもそれを考えたり、(原発の)稼働は、今すぐや­るべきではないと思う」と話した。
今も、11万人が避難生活を強いられている、福島の厳しい現実を忘れていないか。
山崎さんは、事故の教訓が生かされているのか、疑問に感じている。
山崎さんは「あの大変さは、実際ここに住んでいる人にはわからない。あの大変さを味わ­ってほしくない」と話した。
川内原発1号機の再稼働から8時間以上がたっても、抗議活動が行われていた。
市民団体の声を、電力関係者と行政は、どのように受け止めるのか。
再稼働後の会見で「街の活気が戻ることを期待している」と話した、薩摩川内市の岩切市­長。
そこには、原発事故前と変わらずに、原発との共存を目指す地方の姿があった。

川内原発再稼働 現地取材した原発担当・大山記者の解説です。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク