年金問題で自身の給与返上検討


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

菅義偉官房長官

菅義偉官房長官は11日の記者会見で、日本年金機構の年金個人情報流出事件を受け、自身の閣僚としての給与返上を検討していることを明らかにした。

 菅氏は同日の参院内閣委員会で、民主党の蓮舫代表代行に給与返上の意向を問われ「政府として責任を感じているので当然検討したい」と答弁した。

 これに関し、会見で菅氏は「今回一番大事なのは実態把握と原因究明、二次被害に至らないよう対応策に全力で取り組むことだ」と強調。その上で、監督責任のけじめとして「私自身は検討することになる」と述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150611-00000546-san-pol

菅義偉とは

菅 義偉(すが よしひで、1948年12月6日 – )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(7期)、内閣官房長官(第81・82代)。
自民党幹事長代行、総務大臣(第7代)、内閣府特命担当大臣(地方分権改革)、郵政民営化担当大臣、横浜市会議員(2期)等を歴任。

生年月日 1948年12月6日(66歳)
出生地 日本の旗 日本 秋田県雄勝郡雄勝町
出身校 法政大学
前職 衆議院議員小此木彦三郎秘書
所属政党 自由民主党(古賀派→無派閥)
称号 法学士(法政大学)
公式サイト すが義偉HP
日本の旗 第81-82代 内閣官房長官
内閣 第2次安倍内閣
第2次安倍改造内閣
第3次安倍内閣
在任期間 2012年12月26日 – 現職
日本の旗 第7代 総務大臣
内閣府特命担当大臣(地方分権改革)
内閣 第1次安倍内閣
在任期間 2006年9月26日 – 2007年8月27日
日本の旗 衆議院議員
選挙区 神奈川2区
当選回数 7回
在任期間 1996年10月21日 – 現職
Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市会議員
選挙区 西区
当選回数 2回
在任期間 1987年 – 1995年

経歴

1996年の第41回衆議院議員総選挙に神奈川2区から自民党公認で出馬し、新進党公認・公明推薦の上田晃弘、旧民主党公認の新人大出彰らを破り、初当選した。当時の首相・橋本龍太郎の出身派閥である平成研究会に入会。
1998年の自由民主党総裁選挙では所属していた平成研究会会長の小渕恵三ではなく、師と仰ぐ梶山静六を支持し、同派閥を退会。その後宏池会に入会した。2000年の第2次森内閣不信任決議をめぐる「加藤の乱」では、加藤紘一らに同調して不信任案の採決では欠席したが、その後の加藤派分裂では親加藤派の小里派(会長:小里貞利)ではなく、反加藤グループの堀内派(会長:堀内光雄)に参加した。

2006年9月19日、東京都渋谷区での自由民主党総裁選挙の応援演説にて参議院議員山本一太(左から1人目)、衆議院議員片山さつき(右から1人目)らと
2006年、再チャレンジ支援議員連盟の立ち上げに参加。この議連は実質、ポスト小泉を選出する2006年自由民主党総裁選挙に、安倍晋三を擁立する原動力になった。結果、総裁選で安倍は勝利する。同年9月に発足した第1次安倍内閣では当選わずか4回で総務大臣(郵政民営化担当大臣を兼務)に任命され、初入閣する。同年12月、内閣府特命担当大臣(地方分権改革)の補職辞令を受けた。
2007年、第21回参議院議員通常選挙敗北を受けた内閣改造では、安倍は菅の内閣官房長官(次善案として内閣官房副長官)起用を模索したが、直前に菅に事務所費問題が発覚し実現せず、自民党選挙対策総局長に就任した。菅は自民党選挙対策総局長への就任早々「私の仕事は首を切ること」と発言し、候補者の大幅な調整を示唆した。
同年9月、安倍の首相退陣に伴い行われた2007年自由民主党総裁選挙では福田康夫を支持する宏池会の方針に反して麻生太郎を支持し、推薦人にも名前を連ねた。福田政権の下で、選対総局長を格上げした選挙対策委員長に古賀誠が就任すると、古賀に手腕を買われ、同副委員長として引続き衆院選対策にあたることになった。古賀の配慮で選対総局長時代の部屋を選対副委員長室として引き続き使用した。
麻生内閣発足後は麻生の側近として低支持率にあえぐ政権を支え、中川秀直や塩崎恭久ら党内の反麻生派を硬軟取り混ぜた様々な手段で抑えた。また、積極的な政策提言を行い、政府紙幣や無利子国債発行、世襲制限を唱えた。
2009年7月、古賀が東京都議会議員選挙敗北の責任を取る形で辞任。麻生の解散予告後だったこともあり、選対委員長代理として総選挙を取り仕切ることになる。
同年8月の第45回衆議院議員総選挙では、神奈川2区で民主党の三村和也の猛追を受けるも548票の僅差で三村を破り、5選。2009年自由民主党総裁選挙において、96年当選同期の大村や新藤義孝・松本純と共に河野太郎の推薦人になるとともに、宏池会を退会した。
2010年、自民党国会対策副委員長及び広報本部本部長代理に就任。2011年、自民党組織運動本部長に就任。
2012年4月、郵政民営化法改正案の採決で、賛成する党の方針に反して反対した。
同年9月、盟友関係にある安倍晋三の自由民主党総裁就任に伴い、自民党幹事長代行に起用された。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、三村を比例復活も許さずに破り6選。選挙後に発足した第2次安倍内閣において内閣官房長官に起用された。2014年12月の第47回衆議院議員総選挙で7選。第3次安倍内閣においても内閣官房長官に再任された。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%85%E7%BE%A9%E5%81%89

年金問題で自身の給与返上検討 菅官房長官会見でも言及 – 産経ニュース

年金問題で自身の給与返上検討官房長官会見でも言及
産経ニュース
菅義偉官房長官は11日の記者会見で日本年金機構の年金個人情報流出事件を受け自身の閣僚としての給与返上を検討していることを明らかにした。 菅氏は同日の参院内閣委員会で、民主党の蓮舫代表代行に給与返上の意向を問われ「政府として責任を感じているので …

and more »




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク