岩手 ILCを子どもたちにわかりやすく 女子学生が小学校で出前授業へ


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

jjj

jjj1

北上山地が候補地になっているILC(国際リニアコライダー)を子どもたちにも理解し­てもらおうと、女子学生が小学校で授業を行うことになった。
学生が出前授業を行うプロジェクトは、盛岡広域振興局が企画し、この1年間、岩手大学­工学部に通う女子学生、およそ20人が準備を進めてきた。
本番を来週に控え、2日は、専門家の藤本順平さんを招いて、模擬授業が行われた。
分子や素粒子を身近なものに例えたり、クイズ形式のプリントを用意したり、また、グル­ープワークで子どもたちの考えを引き出す時間を設けたりと、さまざまな工夫を凝らしな­がら、ILCの役割を説明した。
岩手大学大学院工学研究科の川村 茜さんは「どのくらいの難易度にしようか、どこまでわかってもらえばいいか、達成度の­ところで悩んだ。難しい理科の内容で、面白いとか楽しいとか思ってもらえたらいい」と­話した。
女子学生が先生を務める出前授業は、7日から、盛岡市と矢巾(やはば)町の3つの小学­校で開催される。

国際リニアコライダーとは

国際リニアコライダー(こくさいリニアコライダー、英: International Linear Collider、略称ILC)とは、超高エネルギーの電子・陽電子の衝突実験をおこなうため、現在、国際協力によって設計開発が推進されている将来加速器計画。
日本では、1990年代はじめより、高エネルギー加速器研究機構を中心として、初期に「Japan Linear Collider」と呼ばれ、アジア各国物理学者の参加を得て「Global Linear Collider」へと名称変更され開発が進められてきた構想があった。同時期より、ヨーロッパ (ドイツ電子シンクロトロン、欧州原子核研究機構)、北アメリカ (SLAC国立加速器研究所) でも類似の計画が構想され、開発に従事する研究者間で、隔年の研究ワークショップが開催されてきた。
国際リニアコライダーは、2004年8月に「国際技術勧告委員会(英: International Technology Recommendation Panel(ITRP))」が加速器の基本技術を一本化する勧告を行ったのを受け、これらの構想が世界で1つの計画、「International Linear Collider(ILC)」に統合されたものである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC

国際リニアコライダー(ILC : International Linear Collider)とは、電子とその反粒子である陽電子を超高エネルギーで正面衝突させ、宇宙の始まりから1兆分の1秒後の状態を人為的に再現しようとするものです。このことにより、宇宙の真空の本質、時空の構造、そして質量の起源を解き明かし、宇宙創成の謎にせまることを目的としています。

 ILCは、長さが約30 km(将来は約50 km)の直線形をしており、深さ約100m の地下に設置される超精密な素粒子衝突実験装置です。その一方の端から電子ビームを、他方の端から電子の反粒子である陽電子のビームを入射し、それぞれ超高エネルギーに加速して中心部分に至ると、ビームは上下方向のサイズが数ナノメートル(原子を数十個積み上げた高さ)まで絞り込まれます。その微小なビームを中央で正面衝突させ、衝突によって生成されたさまざまな粒子を測定器によって記録、解析することによって,未知の素粒子発見など物理理論の究明に役立たせるものです。

世界の最先端技術が集約されたILCは、産業振興・技術革新、雇用創出・人材育成、地域振興などの面においても重要であるとともに、大きな経済波及効果も期待できます。このことから、ILCを東北へ誘致することは、大震災からの復興のみならず、東北全体の発展につながるものであり、「宮城県震災復興計画」においても、ILCなどの国際的な学術・研究機関の東北地方への誘致を他県と連携しながら促進することとしています。

 本県では、東北全体の更なる発展と大震災からの復興を加速させるため、東北地方の産学官による研究会である「東北ILC推進協議会」に参画し、東北への誘致を目指して活動しております。

ILC(国際リニアコライダー)PV


ILC(国際リニアコライダー; International Linear Collider)計画は、全長約30kmの直線状の加速器をつくり、現在達成しうる最高エネルギーで電子と陽電子の衝突実験を行う計画です。宇宙初期に迫る高エネルギーの反応を作り出すことによって、宇宙創成の謎、時間と空間の謎、質量の謎に迫ります。

ILC計画は、現在欧州CERN研究所で稼動しているLHCの次に実現するべき有力な大型基幹計画として、世界中の素粒子物理学者の意見が一致している計画です。ILC計画を進めるために、アジア・欧州・米国の3極の素粒子物理学者による国際共同研究チームが作られ、私たち日本の研究者も世界中の研究者と密接に協力しながら研究を進めています。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク