奥州藤原氏の栄華を知る特別展「四季彩抄」開催 平泉町


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

奥州藤原氏
等身大の人形の展示や装束の試着を通じて、奥州藤原氏の栄華を知ることができる特別展­が、岩手・平泉町で開かれている。
この展示会は、世界遺産登録4周年を記念して、平泉町が開いている。
会場には、毛越寺の曲水(ごくすい)の宴や重陽の節句といった年中行事が、等身大の人­形で再現され、100年にわたる藤原氏の栄華を垣間見ることができる。
また、高さおよそ2メートルの牛車や、あでやかな十二単も展示されていて、実際に試着­することもできる。
訪れた人たちは、およそ800年前の四季折々の暮らしを、興味深げに鑑賞していた。
特別展「四季彩抄」は、11月23日まで、平泉文化遺産センターで開かれている。

奥州藤原氏(おうしゅうふじわらし)は、前九年の役・後三年の役の後の寛治元年(1087年)から源頼朝に滅ぼされる文治5年(1189年)までの間、陸奥(後の陸中国)平泉を中心に出羽を含む東北地方一帯に勢力を張った豪族。天慶の乱を鎮めた藤原秀郷の子孫を称した。

奥州藤原氏の遠祖である藤原頼遠は諸系図によると「太郎太夫下総国住人」であったと記され、陸奥国(後の陸中国)に移住した経緯はよく分かっていない。しかし父親の藤原正頼が従五位下であったことと比較し頼遠が無官であることから平忠常の乱において忠常側についた頼遠が罪を得て陸奥国に左遷され、多賀国府の官人となったものと推測されている。ただしこの意見には、平忠常の乱では忠常の息子たちも罪を得ていないので頼遠連座はあり得ないとの反論がある。
頼遠の子・藤原経清(亘理権大夫)に至り、亘理地方に荘園を経営するなど勢力の伸張が見られた。また経清は陸奥奥六郡を牛耳る豪族・安倍頼時の娘を娶って縁戚関係を結び、安倍氏一門の南方の固めとなっていた。長久元年(1040年)より国府の推挙により数ヵ年修理大夫として在京し、陸奥守・藤原登任の下向に同行し帰省したとの説もある。
なお奥州藤原氏が実際に藤原氏の係累であるかについては長年疑問符がつけられていたが、近年の研究では藤原経清について永承2年(1047年)の五位以上の藤原氏交名を記した「造興福寺記」に名前が見えており、同時期に陸奥国在住で後に権守となった藤原説貞と同格に扱われていることから実際に藤原氏の一族であったかはともかく、少なくとも当時の藤原摂関家から一族の係累に連なる者と認められていたことは確認されている(興福寺は摂関家の氏寺である)。また確たる史料はないものの亘理郡の有力者で五位に叙せられ、陸奥の在庁官人として権守候補であった可能性は高いと見られている。
また、埴原和郎は、藤原氏三代の遺体を計測したデータを分析し、奥州藤原氏は東北人ではなく京都人と位置付けている




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク