太陽フィラメントが生み出す「炎の渓谷」、NASAが画像公開


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

[October 29 AFP] The National Aeronautics and Space Administration (NASA) exhibited the picture of the observation satellite which caught the magnetic filament spouted from the sun on the 28th.
In this picture that the solar observation satellite “SDO (Solar Dynamics Observatory)” photoed from the ? 29th of the last month to 30 days, The magnetic filament which also amounts to 321,900 km in full length breaks through the corona which is the solar atmosphere, and signs that a spectacle like “the canyon of a flame” is made are caught.
This “canyon” is formed in accordance with the line where the filament before spouting was pulled up and made by the magnetic field in high up in the sky.
In fact, ?, in addition the sun are not necessarily made of a flame, and are made by plasma.
(c)AFP
To the AFPBB News top
2ちゃんですけど勘弁してね スマホ




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『太陽フィラメントが生み出す「炎の渓谷」、NASAが画像公開』へのコメント

  1. 名前:通りすがりです 投稿日:2013/10/29(火) 17:14:10 ID:f20ae4a9f

     どんよりと曇った日など、太陽の光が恋しくて、空を見上げたりしますが、太陽に近づき過ぎると、こういうことになっているんですね…。
     やはり、お日様とは、適度の距離を置いて、おつきあいするのが良さそうです。
     ところで、話を変えてすいませんが、NSAについて、書かせてください。
     アメリカ合衆国のNSAの通話監視に関して、スノーデン氏がリークした情報が、問題を起こしていますが、私はそもそも、「スノーデン氏は、お金のために情報をリークしているのでは?」と疑っているので、スノーデン氏提供の情報は、どこまで信用できるのだろうか?とも疑っています。
     そう思うのは、今の世の中、お金のためなら何だってやってしまいそうな人間達が、存在するからだと思います。
     例えば、日本では、多くのマスコミが、日本の自民党贔屓のスポンサーに、札束で横っ面を張られているような状態になっていると思います。公共放送のはずのNHKも、NHK会長とか受信料とかオンデマンド配信の関係?自民党贔屓の側に引っ張られているように思えます。(NHK解説職員の一本釣りみたいなことも、あるかもしれませんが…?)
     本来公正であるべきはずのマスコミが、そのような状況なので、一般人で倫理観がなく、拝金主義の人間なら、テロリストまがいのことも、やってしまうのでは?
     私はそう思ってしまうのです。
     スノーデン氏の行動も、アメリカ合衆国の人々の安全を脅かすという意味では、テロと言えるのではないでしょうか?
     一般人の中に、お金次第で、テロまがいのことまでやる人間が紛れ込んでいるとしたら、テロから人々を守るには、盗聴などの方法も、必要では?と思います。
     ただ、盗聴内容の悪用は許されないとも思いますので、関係者の方々に、良いシステム作りをお願いしたいです。