太平洋戦争の釜石艦砲射撃から70年


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

ka

太平洋戦争の釜石艦砲射撃から、14日で70年になる。
戦争の悲惨さを後世に伝える企画展が、14日から、釜石市の郷土資料館で始まった。
釜石市は、1945年7月14日と8月9日の2度にわたる艦砲射撃によって、756人­の犠牲者を出している。
戦後70年を迎える2015年は、悲惨な戦争を物語る資料150点が展示されている。
特に目を引くのが、艦砲射撃の目撃者が描いた絵や貴重な地図など。
当時14歳だった及川正人さん(84)は「(女の子が)『お母さん、お母さん』と泣き­ながら、すがりついていた」と話した。
戦時中に学徒動員された人は「釜石のことは初めて知ったが、本当に(戦争は)嫌ですね­」と話した。
訪れた人たちは、自らの戦争体験と重ね合わせながら、資料を見ていた。
この企画展は、8月末まで開かれている。

艦砲射撃から70年 経験語り継ぐ 岩手・釜石 – NHK


読売新聞

艦砲射撃から70年 経験語り継ぐ 岩手・釜石
NHK
太平洋戦争末期に岩手県釜石市の中心部がアメリカ軍などの艦隊から砲撃を受け、多くの犠牲者が出てから14日で70年となりました。当時、この艦砲射撃を経験した85歳の女性が中学校を訪れ、生徒たちに平和の大切さを訴えました。 岩手県釜石市は昭和20年の7月14日 …
釜石艦砲射撃から70年 資料展始まるニュースエコー 岩手放送
艦砲射撃・2度の津波乗り越え…酒屋三たび復活 2015年07月14日 18時32分読売新聞
釜石艦砲射撃から70年 8月以降に不発弾調査岩手日報

all 7 news articles »

釜石艦砲射撃(かまいしかんぽうしゃげき)は、太平洋戦争末期に、連合国軍艦隊が岩手県釜石市に行った2度の艦砲射撃のことである。

1945年7月14日の砲撃

一度目は1945年(昭和20年)7月14日に、アメリカ海軍の戦艦部隊によって行われた。北海道空襲など一連の日本本土攻撃を開始したアメリカ海軍機動部隊は、第38任務部隊から分派した第34.8.1任務隊(司令官:ジョン・F・シャフロス(John F. Shafroth)少将)のサウスダコタ、インディアナ、マサチューセッツの3戦艦を中心に、ボルチモア級重巡洋艦のシカゴ、クインシーと9隻の駆逐艦により釜石を砲撃した。主要な攻撃目標は、日本製鐵釜石製鉄所だった。この砲撃で日本側の一般市民423人が死亡した。なお釜石湾では、日本海軍第48号駆潜艇が敵機の攻撃で沈没した。

1945年8月9日の砲撃

二度目は同年8月9日に、アメリカ海軍・イギリス海軍の合同部隊が行った。参加したのは、前回と同じアメリカ海軍第34.8.1任務隊のほか、イギリス海軍第37.1.8任務隊(軽巡洋艦2隻、駆逐艦3隻)であった。この攻撃で日本側は一般市民271人の死者を出した。
当時、現場に居合わせた人の証言によると、最初山側から順に海側に射撃。 結果として、平地にあぶり出された人たちを待っていたのは戦闘機による機銃攻撃であった。 証言者は、逆に山側に逃げたため一命を取り留めたという。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%9C%E7%9F%B3%E8%89%A6%E7%A0%B2%E5%B0%84%E6%92%83

米英軍の艦砲射撃を受ける岩手県釜石市~Bombardment by a Warship


昭和20(1945)年7月14日と8月9日の2度米英軍の艦砲射撃と戦闘機の機銃掃­射を浴びた。当時の人の証言によると、最初山側から順に海側に艦砲射撃をし、平地に避­難した人たちを待っていたのは戦闘機による機銃掃射でした。 証言者は、逆に山側に逃げたため一命を取り留めたといいます。

第2次世界大戦・カラー・釜石 製鉄所 艦砲射撃・戦艦 サウスダコタ・1945/ 07 /14 ・ 日本軍の反撃 全くなし




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク