太平洋戦争で沈没した漁船から見つかった大漁旗、遺族に返還(


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

ta

ta1

ta2

太平洋戦争で日本軍に徴用され、沈没した漁船から見つかった大漁旗が、70年ぶりに持­ち主の遺族のもとに返還された。
返還された大漁旗は、縦およそ140cm、横およそ190cmで、旗には、宮城・南三­陸町志津川の漁船「天洋丸」と、その機関長だった三浦 三之助の名前が記されている。
返還式には、機関長・三浦 三之助さんの娘や孫などが出席し、大漁旗を受け取った。
三浦 三之助さんの娘・佐々木 さよ子さんは「とても大事にしてくれて、感謝でいっぱいです。立派な形見だと思ってい­ます」と話した。
この大漁旗は、戦時中、沈没した日本の船から引き揚げたもので、アメリカ海軍の事務官­だった、画家のピーター・ロッシュさんが、知人を通じて入手し、保管していたという。
歌津町史によると、天洋丸は南太平洋で沈没、機関長の三浦さんは1944年、サイパン­で戦死したとされている。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク