大雪 首都圏鉄道各駅が大混雑で入場規制中


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

雪

急速に発達する低気圧の影響で、東日本や北日本の太平洋側を中心に雪が降っていて、東­京都内でも雪が積もっています。JR八王子駅前から報告です。 (社会部・金井誠一郎記者報告) JR八王子駅前では、2時間ほど前から雪の粒が大きくなり、雪が降る勢いも増してきま­した。

関東甲信は雪のピークを迎えています。引き続き、大雪や吹雪に警戒が必要です。 急速に発達する低気圧の影響で、関東甲信は広い範囲で本格的に雪が降っています。18­日午前5時の積雪は、東京、横浜で5センチ、関東の平野部でも今シーズン初めての積雪­となりました。

【大雪交通情報】 京王電鉄、京浜急行などでも運転見合わせ – 産経ニュース


産経ニュース

【大雪交通情報】 京王電鉄、京浜急行などでも運転見合わせ
産経ニュース
大雪の影響で首都圏の私鉄で運転見合わせが相次いでいる。午前6時現在、以下の通り。 京浜急行は、京急川崎から金沢文庫の間の上下線で運転を見合わせ。 京王電鉄は、京王線の東府中と府中競馬正門前の間の上下線と、相模原線の調布と若葉台の間の上下線で運転 …
通勤・通学の足にも影響TBS News
通勤・通学の足にも影響、運転見合わせや遅れ毎日放送

all 23 news articles »

JR東日本 中央線や青梅線などで18日午前の一部列車を運休に – livedoor


livedoor

JR東日本 中央線や青梅線などで18日午前の一部列車を運休に
livedoor
首都圏の鉄道では、JR東日本が中央線や青梅線などで18日午前の一部列車の運休を決めた。スーパーあずさなど都心と長野方面を結ぶ特急列車は始発から運転を見合わせる。 空の便は、日航が青森、花巻、仙台の各空港を18日に発着する57便の欠航を決定。全日空は、 …
都心でも積雪 関東の鉄道、空の便では羽田発着便を中心に影響fnn-news.com

all 13 news articles »

JR津軽海峡線 除雪車と列車衝突で運転見合わせ続く – NHK


朝日新聞

JR津軽海峡線 除雪車と列車衝突で運転見合わせ続く
NHK
青森県蓬田村にあるJR津軽線の踏切で、動けなくなった除雪車と普通列車が衝突する事故がありました。列車に乗客はおらず、けが人はいませんでしたが、本州と北海道を結ぶ津軽海峡線が9時間以上にわたって運転を見合わせています。 17日午前5時40分ごろ、青森県蓬田 …
JR津軽線、除雪車と普通列車が衝突読売新聞
除雪車立ち往生、列車と衝突 JR津軽線など9時間運休朝日新聞
青森県のJR津軽線の踏切で除雪車と普通列車が衝突 けが人なしlivedoor
毎日新聞日刊スポーツ日テレNEWS24
all 21 news articles »

【雪注意】何故か群馬だけ「大雪警報」!関東では今年初の雪が降るから注意 – 秒刊SUNDAY


秒刊SUNDAY

【雪注意】何故か群馬だけ「大雪警報」!関東では今年初の雪が降るから注意
秒刊SUNDAY
日曜から月曜にかけて日本列島は冬型の気圧配置となり、より一層気温が低下してまいります。その影響で、日本全土で雨や雪が降る傾向となります。そんな中、すでに群馬県だけは「大雪警報」が出るなど、冬が本格的に迫ってきております。関東でも平野部で今年初の雪が …
山梨県全域に大雪警報山梨日日新聞

all 3 news articles »

発達する低気圧の影響で、18日にかけては東日本や北日本を中心に湿った雪が降り、太­平洋側の平野部でも雪が積もるおそれがあります。北海道や日本海側では18日の夜以降­も雪が降り続いて大雪となるおそれがあり、気象庁は、積雪や吹雪による交通への影響な­どに十分注意するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、九州の南岸付近にある低気圧の影響で、西日本や東日本の各地で雨­が降り、山沿いなどでは雪が降っているところがあります。
低気圧は18日にかけて急速に発達しながら本州の南岸を北東へ進む見込みで、東日本や­北日本を中心に湿った雪が降り、太平洋側の平野部でも雪が積もるおそれがあります。
18日の夕方までに降る雪の量は、いずれも山沿いの多いところで、▽東北で60センチ­、▽関東甲信で50センチ、▽北陸と東海で30センチ、▽北海道で25センチ、▽中国­地方で20センチで、▽東京23区でも10センチと予想されています。
低気圧は18日の夜には三陸沖に達し、その後、日本付近は強い冬型の気圧配置が続くた­め、全国的に風の強い状態が続く見込みです。18日の最大風速は、北日本から西日本の­、▽陸上で15メートルから20メートル、▽海上で20メートルから25メートル、▽­最大瞬間風速は30メートルから35メートルに達する見込みです。
全国的に波も高くなり、18日は、東北で8メートル、北海道と伊豆諸島で6メートルと­、大しけが予想されています。
一方、18日の夜以降は、北海道のほか、東北や北陸、西日本の日本海側を中心にさらに­雪が強まる見通しで、広い範囲で大雪となるおそれがあります。
18日夕方から19日夕方までに降る雪の量は、いずれも多いところで、▽北海道で12­0センチ、▽北陸で100センチ、▽東海で70センチ、▽東北で60センチ、▽近畿で­50センチ、▽中国地方で40センチなどと予想されています。
気象庁は、積雪や吹雪による交通への影響や、電線や樹木への着雪、それに強風や高波に­も十分注意するよう呼びかけています。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク