大崎市で夜を徹した排水作業続く 水没でコメに大きな影響も(


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

排水作業

記録的な大雨によって、広い範囲で浸水被害が起きた宮城・大崎市では、夜を徹しての排­水作業が行われている。
この地域の田んぼの水などを排水する施設は、渋井川の堤防の決壊で水没し、停電したた­め、運転ができなくなっている。
そのため国土交通省は、午前1時ごろから、排水ポンプを使って、たまった水を吸い上げ­ている。
このあたりは、米袋と呼ばれる地域で、ササニシキやひとめぼれが作付けされる、宮城で­も屈指の米どころとして知られている。
しかし、今回の浸水被害で、収穫直前の田んぼは水没した。
13日午前11時現在、水は引いたが、多くの稲が倒れていて、コメの収穫量と品質に大­きな影響が出るとみられる。
一方、大崎市の伊藤市長は、堤防が決壊したあとも、避難指示や避難勧告が出なかったこ­とについて、「夜半のことでためらいがあった。反省することはあり、夜の災害警報の難­しさを再認識した」とコメントしている。
現在、国土交通省は、排水作業と同時進行で、決壊した堤防の修復工事を行っているが、­全ての工事が終わるまで、まだ時間がかかる見通し。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク