周永康前書記に無期懲役


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

周永康

【北京時事】中国国営新華社通信によると、天津市第一中級人民法院(地裁)は11日、共産党最高指導部・政治局常務委員会の前メンバーで、収賄、職権乱用、国家機密漏えいの三つの罪で起訴された周永康前党中央政法委員会書記(72)に無期懲役の判決を言い渡した。政治権利の終身剥奪と個人財産の没収も命じた。周被告は起訴内容を認め、上訴しない意向を表明。刑が確定した。
 同法院は5月22日、周被告に対する初公判を非公開で開いていた。周被告の収賄額は約1億2977万元(約25億9000万円)と認定された。1949年の新中国建国後、政治局常務委員経験者が汚職容疑で追及され、判決を受けたのは初めて。
 国営中央テレビは、白髪の周被告が判決で罪状を認め、深い反省の意を示す様子を伝えた。
 習近平国家主席は、周被告の判決で権力基盤をさらに強化した。ただ、前代未聞の強力な反腐敗闘争は、周被告に近い江沢民元国家主席ら長老の反発を招くなど、党内融和に影響を及ぼしていた。習主席は周被告が全面的に認めたことを踏まえ、党内安定を重視し、「執行猶予付き死刑判決」(党関係者)という予想より軽い判決を決めたとみられる。
 周被告は、側近の蒋潔敏・元中国石油天然ガス集団会長や李春城元四川省党委副書記(共に起訴)に要求し、息子・周濱氏ら家族などのビジネスを有利に進めようと画策。職権乱用によって家族などに21億3600万元(約425億円)に上る違法な利益をもたらし、14億8600万元(約296億円)の経済的損失を国家に与えたとされる。また、5件の「絶秘(極秘)級」と1件の「機密級」の文書を提供した罪にも問われた。
 周被告は最終陳述で「自分は私情のため、絶えず違法行為や規律違反を行い、違法犯罪の事実は客観的に存在する。党と国家に重大な損失を与えた」と認めた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150611-00000133-jij-cn

周 永康とは

周 永康(しゅう えいこう、ヂョウ・ヨンカン、1942年12月 – )は、中華人民共和国の政治家。第17期中国共産党中央政治局常務委員、中国共産党中央政法委員会書記、中国共産党中央治安綜合治理委員会主任。党内序列は第9位であった。

生年月日 1942年12月
出生地 Flag of the Republic of China-Nanjing (Peace, Anti-Communism, National Construction).svg江蘇省無錫
出身校 北京石油学院
所属政党 Flag of the Chinese Communist Party.svg 中国共産党(1964-2014)
中華人民共和国の旗 国務委員
内閣 温家宝内閣
在任期間 2003年3月 – 2008年3月
中華人民共和国の旗 第11代公安部長
内閣 朱鎔基内閣
温家宝内閣
在任期間 2002年12月 – 2007年10月
中華人民共和国の旗 初代国土資源部長
内閣 朱鎔基内閣
在任期間 1998年3月 – 2000年

略歴

1964年、中国共産党に入党。1966年に北京石油学院を卒業後、石油管理局長を経て、1985年に石油工業部副部長(次官)となる。1988年、中国最大の石油ガス国有企業である中国石油天然気集団(CNPC、石油工業部が1988年に国営企業化)の副総経理となり、1996年からはCNPCの総経理となる。1998年、朱鎔基内閣で国土資源部長(大臣)に就任。2000年、四川省党委書記に転出。
2002年に党中央政治局委員に選出され、中央書記処書記に就任。同年、公安部長兼党委書記に就任し、翌年発足した温家宝内閣でも留任。警視総監、武装警察部隊第一政治委員、国務委員(副首相級。政法担当)など要職を兼任。政法部門(情報、治安、司法、検察、公安などの部門)では羅幹に次ぐ第2位の地位にあった。
2007年10月22日、第17期1中全会で中央政治局常務委員に昇進し、中央政法委員会書記に就任、羅幹の持つ政法関連の職を受け継ぐこととなった。10月29日、公安部長の地位を退いたことが確認される。
思想・宣伝部門を統括する李長春と共に、胡錦濤・温家宝の政敵とされる。薄熙来と緊密であり、2012年の薄熙来事件における薄熙来の処分には消極的だったとされる。また2012年9月に反日デモが暴徒化した時の公安責任者であり、反日を煽ったとも囁かれている。2013年12月1日以降、消息が途絶えており、当局に拘束され汚職問題で追及されているとの報道がある。
第14期中央委員候補、第15期中央委員、第16期中央政治局委員、第17期中央政治局常務委員。

報道経過と事件

2013年8月末、香港紙が「中国共産党指導部は周永康・前政治局常務委員の汚職をめぐる調査を開始することで合意した」と報じた。周永康が2012年11月まで務めていた政治局常務委員は党最高指導部の一員であり、親しかったと言われる薄熙来の1ランク上に当たる。この時点で、中国当局は周がトップを務めていた中国石油天然ガス集団(CNPC)の幹部4人を調査していると発表していた。
この第一報以降、共産党々内序列第9位とされる存在から報道は慎重に展開し[4]以下の通り断片的散発な続報となる。
2013年12月1日以降は消息が途絶えており、当局に拘束され汚職問題で追及されているとの報道がある。 2014年3月3日、周永康・前党政治局常務委員を巡る国内報道を解禁し「問題」が生じていることを初めて報じた。京華時報は1面で「周永康問題」と明記。中国メディアは、周氏の弟や息子らが汚職などの容疑で拘束されたと伝えていたが、それが周の親族だとは明示せずに報じていた。
中国当局は、2014年3月末までに、周の親族や側近、部下ら300人以上を調査し、周本人のほか親族や部下の持つ900億元(145億ドル)相当以上の資産を差し押さえたとされる。周本人への調査は前年末から始まり(共産党が政権を握った1949年以降に汚職調査の対象となった高官らの中で最高位)、5つの省にある自宅を捜索し、総額370億元の銀行預金を凍結、総額510億元の国内外の債券や株式を差し押さえたほか、約300軒のアパートや別荘、骨董品や現代絵画、自動車60台、現金などが押収された。同年2月には、周永康の権力基盤である四川省の発電と観光分野で周の息子の周濱と協力関係にあった中国企業・四川漢龍集団の劉漢が殺人罪などで逮捕・起訴されていた。
2014年4月29日、周の側近であった李春城・元四川省党委員会副書記が党籍を剥奪され、公職から追放された。同年5月23日には、上述の四川漢龍集団主席の劉漢に死刑が宣告された。2014年に入ってから、周の周辺人物が相次いで突然死しているとも報じられている。
2014年7月29日、中国共産党中央規律検査委員会は周の「重大な規律違反」について立件したと新華社が報じた。その他の中国マスコミも一斉に事件を報道、周の失脚が確定した。
2014年12月5日、中国共産党中央政治局の会議で、周永康の党籍を剥奪し、身柄を司法機関に移すという決定が下された。
2015年4月、周永康が収賄、国家機密の漏洩、職権乱用の3つの罪で刑事訴追された。
2015年6月11日、一審判決で無期懲役に処された。周は起訴内容を認め、上訴しないと意思表明した

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%A8%E6%B0%B8%E5%BA%B7

周永康前書記に無期懲役=罪状認め上訴せず-習主席、党内安定を重視・中国 – 日刊アメーバニュース


日刊アメーバニュース

周永康前書記に無期懲役=罪状認め上訴せず-習主席、党内安定を重視・中国
日刊アメーバニュース
【北京時事】中国国営新華社通信によると、中国天津市第一中級人民法院(地裁)は11日、共産党最高指導部・政治局常務委員会の前メンバーで、収賄、職権乱用、国家機密漏えいの三つの罪で起訴された周永康前党中央政法委員会書記(72)に無期懲役の判決を言い渡した。
周永康に無期懲役判決時事通信
中国の周永康政治局常務委員に無期懲役判決 2015年06月11日 20時49分読売新聞
周永康前書記に無期懲役判決びわ湖大津経済新聞
産経ニュースBIGLOBEニュース
all 5 news articles »

中国の前最高幹部に無期懲役判決 国家機密漏洩罪など – 朝日新聞


朝日新聞

中国の前最高幹部に無期懲役判決 国家機密漏洩罪など
朝日新聞
中国の天津市第1中級人民法院(地裁に相当)は11日、収賄や国家機密漏洩(ろうえい)などの罪に問われた前党中央政法委員会書記周永康(チョウヨンカン)被告(72)に対し、無期懲役の判決を言い渡した。国営新華社通信が報じた。党最高指導部の政治局常務委員経験者 …
周永康前書記を起訴=中国検察、収賄・機密漏えい罪-天津で近く公判、厳刑へ時事通信
中国:周被告無期判決「上訴しない」 国民冷静に受け止め毎日新聞

all 5 news articles »

中国・最高指導部元メンバーの周永康氏に「無期懲役」




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク