台風被害のフィリピンに世界中から緊急援助


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

[November 11 AFP] While the damage caused by the overly large-scale typhoon No. (Asia name: Haien, Haiyan) 30 which landed at the Philippines becomes clear, the U.S. and U.N. (UN) European Union (EU) are begun, and Sekai’s government of each country and organizations are setting about the emergency assistance to the Philippines for ten days.
? U.S. Department of Defense (Pentagon) received the support request from the Philippines government, and announced that the U.S. Forces are going to assistance.
Search / rescue naval fleet and the transport plane which were dispatched from the army deployed in the Pacific Ocean are contained.
U.N. Secretary General ? Ban Ki-moon (Ban Ki-moon) promises that the organizations of the humanitarian support of the United Nations do “corresponding to people who need assistance immediately.”
The U.N. Children’s Fund (UNICEF, UNICEF) also announced that the cargo configured aircraft loading with the 60-ton assistance material containing a shelter and medical supplies is an arrival schedule, and a water purification system and health apparatus will be continuously sent in the Philippines for 12 days.
? European Commission (European Commission) announced the supply of 4 million dollars (about 396 million yen) as support of rescue operations.
? Britain offered emergency assistance equivalent to 9,600,000 dollars (about 950 million yen).
Moreover, 23 tons of assistance materials were airlifting (Manila) Deutsche Botschaft Tokyo in Manila as the first assistance, and it said that the German rescue team is already in charge of the relief activity.
The Francisco (Francis) pope of ? Catholic Church appealed to provide believers with “concrete support” on the 10th.
(c)AFP
2ちゃんですけど勘弁してね スマホ




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『台風被害のフィリピンに世界中から緊急援助』へのコメント

  1. 名前:通りすがりです 投稿日:2013/11/11(月) 13:43:01 ID:babf8a957

     ところで、話を変えてすいませんが、フィリピンの台風30号の被害について、書かせてください。
     昨日10日付けのニュースでは、フィリピン東部、サマール島の地元当局によると、台風30号で、少なくとも300人の方々が亡くなり、約2000人の方々が行方不明になっている、ということでした。
     そして、ニュースでは、サマール島の大半の地域と、現在も連絡が取れていないとも言っていて、サマール島だけでも、被害は更に大きくなる恐れがあるとのことでした。
     亡くなられた方々のご冥福を祈ります。
     怪我をなさった方々の早いご回復を祈ります。
     行方不明になっている方々の、一刻も早い発見と救助を祈ります。
     台風30号で大きな被害を受けたレイテ州の警察幹部の人は、「政府の推定で(死者は)1万人。台風の進路にあった住宅や構造物の約70~80%が破壊された」と述べていたそうです。
     台風30号では、竜巻のような暴風が吹いたと聞きました。
     また、人口22万人のタクロバンやその他の沿岸の町は、多くの住宅がコンクリートの土台だけを残して流され、車がひっくり返り、電線が切れるなど津波の後のような状態になっているそうです。
     高潮が、津波のような被害を与えたのでしょうか?
     高潮で多くの人々が流されたという話も聞きました。
     そして、台風に襲われた別の地域でも死者が増えているそうです。
     非常に大きな被害になってしまいそうで、痛ましくてなりません。
     なので、フィリピン政府の方々も、懸命に頑張っていらっしゃると思いますが、国際社会の方々から、救助・救援活動へのご協力を、なさっていただけないだろうか?と願い祈っております。(もしかすると、高潮に流されながらも浮きなどにつかまって漂流して、生き延びている人達もいるかも?と思いますので、国連軍などのヘリや国連軍などの艦艇などで、捜索救助をなさっていただけないでしょうか?)
     どうぞよろしくお願い致します。
     それから、うろ覚えですいませんが、台風30号は、非常に強い勢力のまま、今度はベトナムの方に向かっているという話を聞いたと思うのですが、もうベトナムに接近しているのでしょうか?
     高潮は、津波のような破壊をもたらすことがあるようです。台風が竜巻を起こすこともあるようです。
     台風30号の進路に当たっている地域の方々は、どうぞ、お気をつけて。(素人考えですが、未だに、高潮や竜巻の被害が予想されるようであれば、台風被害に備えると共に、竜巻被害や高潮被害に詳しい専門家から、情報収集などなさって、そちらの方も、備える必要があるかも?とも思います。)
    追伸  フィリピンの台風30号の被災地では、瓦礫の下敷きになった方々も、大勢いらっしゃるようです。その中には、まだ、命を保っていらっしゃる方々もいらっしゃるかも?と思うのですが、被災地への道が破壊されて交通が遮断されている場合もあるようです。
     そのような場所に行って救助を行うには、やはり、軍隊のような人達に、早急に道路を復旧してもらうとか、大型ヘリなどで人員や災害救助犬やユンボなどの機材を送り込むとか、海からアプローチできるなら、船で近づくなどしなければ、無理ではないか?と思います。
     救援物資の輸送にしても、同様にしなければ、難しいのでは?と思います。
     なので、国際社会の方々には、色々大変だとは思いますが、そのような救助・救援活動へのご協力も、どうぞよろしくお願い致します。
    追伸2 フィリピンの被災地では、飲料水や食料等の不足のため、略奪が行われたスーパーマーケットなどがあるそうです。
     思うのですが、略奪が行われる前に、政府の方で店舗の飲食物などを買い上げ、店舗のスタッフや現地の宗教関係者にボランティアをしてもらって、被災者に配布するようなシステムを作れないでしょうか?(現地の宗教関係者にボランティアをしてもらうのは、その方が、行列に並ぶ方々が、大人しく順番を待ってくれるのでは?と思うからです。もしかすると、宗教関係者の方々でなく、信頼されている学校の教師の方々でも良いかも?)
     と書いていて思ったのですが、宗教関係者の方々にボランティアをしてもらえるなら、教会、あるいは教会跡の辺りに、ヘリから救援物資を落としてもらって、それを、教会関係者の方々から、被災者の方々に配布してもらう、というのも良いかも?
     ただ、上記のことをするには、政府当局などから現地への連絡が必要と思われ、でも、現状は、その連絡網が確保されていない状況とも聞きます。
     ただ、短波無線は使えるとも聞いたように思うので、現地の宗教関係者の方などに無線機を渡して、被災地と政府当局などとの必要な連絡に使ってもらったら?などとも思います。
     と書いていて思ったのですが、日本政府には、自衛隊などの予備の無線機を、フィリピンのために貸し出してあげて欲しいと思います。
     ど素人が色々書きましたが、私の文章にも見るべきところがありましたら、関係者の方々に、御一考いただければ、と願っております。
     と書いていて思ったのですが、フィリピンの被災地の現状は、惨状の規模は違うかもしれませんが、2010年のハイチ大地震の被災地と似ているような気がします。
     なので、被災者の方々への援助物資の配布のやり方等は、あの時ハイチで行われたシステムを参考にすると、上手く行くかも?とも思います。
     あの時ハイチで行われたシステムについては、国連でそういうお仕事をなさっている方々とか、オバマ政権の方々とか、日本の前政権の民主党の方々などの中に、詳しい方々がいらっしゃるのでは?と思います。
     なので、そういった方々に、今回のフィリピンの台風被害の被災者の人達のため、再びお知恵をお貸しいただければ、とも思います。