出場停止明けのチリッチ、復帰戦で勝利


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

[October 29 AFP] Marine チリッチ (Marin Cilic) of Croatia of boy tennis imposed on suspension disposal by doping regulation violation returned to tour by Paris Masters (BNP Paribas Masters 2013) on the 28th.
? チリッチ gave the Igor シスリング (Igor Sijsling) of the Netherlands by the one singles game 5-7, 6-1, and 6-4, and advanced to the game twice.
チリッチ attached to the 47th place of ? present world rank showed the positive reaction of central-nerves excitement ingredient ニケタミド by BMW opening (BMW Open 2013) held in Munich (Munich), Germany, in May, and the suspension disposal for nine months was imposed on it.
Disposal was reduced in four months by arbitration of the Court of Arbitration for Sport (Court of Arbitration for Sport, CAS), and since ら出場停止 was solved on the 23rd, the participation in a convention was attained [ ?, however ] now on the 22nd.
Although it was チリッチ which dropped the ? 1st set, it recovered from the 2nd set and advanced the piece to a 2 times game with the Juan Martin デルポトロ (Juan Martin Del Potro, Argentina) of the 5th place of a world rank.
About the return of ? チリッチ, Rafael Nadal (Rafael Nadal) of the 1st place of the world rank told joy.
“I hear that it is glad to find that Marin returned to tour that it can say.
He is a good fellow and is a wonderful player.
It is because it has a fair reason that whether anything happened was able to return although not known.
It is glad.”
(c)AFP
2ちゃんですけど勘弁してね スマホ




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『出場停止明けのチリッチ、復帰戦で勝利』へのコメント

  1. 名前:通りすがりです 投稿日:2013/10/29(火) 14:16:44 ID:80c898ab5

     処分が軽減されたということは、故意ではなく、過失による摂取だったということ?
     スポーツ選手は、迂闊に風邪薬も飲めなかったりするようですから、大変ですよね。
     ところで、話を変えてすいませんが、NSAについて、書かせてください。
     アメリカ合衆国のNSAの通話監視に関して、スノーデン氏がリークした情報が、問題を起こしていますが、私はそもそも、「スノーデン氏は、お金のために情報をリークしているのでは?」と疑っているので、スノーデン氏提供の情報は、どこまで信用できるのだろうか?とも疑っています。
     そう思うのは、今の世の中、お金のためなら何だってやってしまいそうな人間達が、存在するからだと思います。
     例えば、日本では、多くのマスコミが、日本の自民党贔屓のスポンサーに、札束で横っ面を張られているような状態になっていると思います。公共放送のはずのNHKも、NHK会長とか受信料とかオンデマンド配信の関係?自民党贔屓の側に引っ張られているように思えます。(NHK解説職員の一本釣りみたいなことも、あるかもしれませんが…?)
     本来公正であるべきはずのマスコミが、そのような状況なので、一般人で倫理観がなく、拝金主義の人間なら、テロリストまがいのことも、やってしまうのでは?
     私はそう思ってしまうのです。
     スノーデン氏の行動も、アメリカ合衆国の人々の安全を脅かすという意味では、テロと言えるのではないでしょうか?
     一般人の中に、お金次第で、テロまがいのことまでやる人間が紛れ込んでいるとしたら、テロから人々を守るには、盗聴などの方法も、必要では?と思います。
     ただ、盗聴内容の悪用は許されないとも思いますので、関係者の方々に、良いシステム作りをお願いしたいです。