再生医療に光 Muse細胞 脳梗塞の後遺症を治す


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

脳梗塞

世界初の発見 万能細胞

ノーベル賞で日本人の受賞が続く中、今週、東北大学が、ある画期的な研究成果を発表し­ました。
脳梗塞の後遺症を治す、再生医療の実験に成功したというものです。
世界初の発見をした女性研究者に話を聞きました。

ミューズ細胞(ミューズさいぼう、英: Muse cell; Multi-lineage differentiating Stress Enduring cell)は、東北大学の研究チームにより発見された非腫瘍形成性の多能性成体幹細胞である。骨髄や真皮、脂肪組織のような間葉系幹細胞、ならびに商用的に入手可能な間葉細胞(ヒトの線維芽細胞および骨髄)に存在する。ミューズ細胞は自発的またはサイトカインの誘導により、単一の細胞から三胚葉すべての細胞に分化することができる。ミューズ細胞はin vivoでホスト環境に移植したとき奇形腫形成を受けない。これは、そのテロメラーゼ活性がもともと低いことから部分的に説明でき、抑制の無い細胞増殖を通じた腫瘍形成の危険性を根絶する。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BA%E7%B4%B0%E8%83%9E

脳梗塞で失われた機能を細胞移植によって回復 – 東北大学がラットで成功 – BIGLOBEニュース


BIGLOBEニュース

脳梗塞で失われた機能を細胞移植によって回復 – 東北大学がラットで成功
BIGLOBEニュース
同研究では、脳梗塞ラットにMuse細胞を移植した結果、梗塞部位に生着して自発的に神経細胞に分化し、大脳皮質から脊髄までの運動・知覚回路網を再構築した。また、脳梗塞で失われた運動・知覚機能の回復は約3カ月後も維持され、腫瘍形成は見られなかった。また、移植 …
東北大、ミューズ細胞を脳梗塞モデル動物に移植し運動能力が回復することを確認日刊工業新聞

all 3 news articles »




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク