八木山動物公園 開園50周年迎える 歴史を撮影した写真展


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

ddddd

ggggggg

開園50周年を迎える、宮城・仙台市太白区の八木山動物公園で、動物園の歴史を撮影し­た写真展が、8日から開かれている。
八木山動物公園のビジターセンターでは、50年前の開園からの歴史を物語る写真や、イ­ベント告知のポスターなど、47点が展示されている。
1971年に、オランダからやってきたニシゴリラ「ドン」の2歳の時の写真。
現在は、日本で最高齢のゴリラとなる46歳になったドンを撮影した、貴重な1枚。
八木山動物公園の大内利勝園長は、「今、こういうふうに、この動物は大きくなっている­んだとか、いろいろ感じていただければ」と話した。
この写真展は、10月18日まで開かれている。

仙台市八木山動物公園

仙台市八木山動物公園(せんだいしやぎやまどうぶつこうえん)は、仙台市太白区にある仙台市立の動物園である。仙台市都心部からやや近い青葉山丘陵にある八木山の上に位置する。当園の向かい側には遊園地の八木山ベニーランドがあり、また青葉山の仙台城へは八木山橋を渡ってすぐであるなど、観光地区の一角を成している。

1935年(昭和10年)、東京府東京市浅草区(現・東京都台東区浅草)の花やしきが動物園を廃業する際、全ての動物を仙台市に売却した。翌1936年(昭和11年)4月1日、これらの動物をもとに「仙台市動物園」(地図)が東北地方初、かつ、日本で11番目の動物園として開園した[2]。場所は広瀬川河畔の花壇地区で、現在の花壇自動車大学校から仙台花壇団地にかけてである[3][4]。面積は2万6881m2(8,146坪)であった。展示動物には、ゾウ、ライオン、ラクダ、ホッキョクグマ、シカなどがいた。観覧料は大人15銭、子供5銭、軍人10銭で、1936年(昭和11年)の来場者は36万7000人を越えた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%99%E5%8F%B0%E5%B8%82%E5%85%AB%E6%9C%A8%E5%B1%B1%E5%8B%95%E7%89%A9%E5%85%AC%E5%9C%92




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク