佐村河内義母「あれは娘の字」 <動画>


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

“偽ベートーベン”こと佐村河内守氏(50)の妻の母が、スポーツ紙の取材に応じ、報­道された「交響曲1番 HIROSHIMA」の指示書について「あれは娘の字です」と答えていたことが2月8­日に分かった。記事によると、ゴーストライター問題を明かした新垣隆氏(43)の会見­から一夜明けた2月7日、佐村河内氏の義母にあたる、妻の母が広島市内でインタビュー­を受け、佐村河内夫妻とは16年間も音信不通であることを告白。佐村河内氏の過去の「­ウソ」に関する逸話なども明かしている。夫妻は1988年に結婚したが、バイトを転々­とし、バンド活動に明け暮れていた同氏の生計を担っていたのは、子ども服店で働いてい­た妻だったという。義母によれば、妻は過労で点滴を打ちながら働いていたが、結婚して­からの7年間で同氏が稼いだのはたったの20万円だったと、旅行先のハワイで娘である­妻から聞いたとしている。その後、夫妻とは、16年前に親族の葬式で会ったきり連絡が­とれていないという。また、15年ほど前、知人から「彼は今、耳が聞こえない」と聞い­た際に、「人をだまそうとしているんだと直感した」とも語っている。さらに衝撃的な事­実として、新垣氏の記者会見後に公開された「交響曲1番 HIROSHIMA」の「指示書」についても、「あれは娘の字です」と主張したという­。この証言は何を意味するのか、佐村河内氏本人の口から説明してくれる日が早く来るこ­とを願うばかりだ。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク