伝統の自動車耐久レース、第83回ルマン24時間


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

ruman

伝統の自動車耐久レース、第83回ルマン24時間は14日、フランス西部ルマンのサルテ・サーキット(1周約13・6キロ)でゴールを迎え、2台で初優勝に挑んだトヨタは上位争いに絡めず、6位と8位に終わった。

 8番手でスタートした中嶋一貴らのトヨタ1号車は、アンソニー・デービッドソン(英国)が運転していた開始5時間ごろに接触を起こして遅れ、9周遅れの8位。7番手から出た2号車は8周遅れの6位だった。

 最高峰のLMP1クラスへ復帰して2年目のポルシェが1、2位を占め、17年ぶりに単独最多の17勝目を挙げた。アウディは連覇が5で止まり、2周遅れの3位が最高だった。

 ことし、LMP1クラスに戻ってきた日産は3台ともトラブルが相次ぎ、松田次生らの21号車が前半、23号車が終盤にリタイアした。(共同)

http://www.sankei.com/sports/news/150614/spo1506140036-n1.html

ル・マン24時間総合優勝は「キャリア最大の成果」だとヒュルケンベルグ

13日~14日に行われた第83回ル・マン24時間耐久レースで19号車ポルシェ919ハイブリッドをドライブし、ル・マン初参戦にして総合優勝を飾ったニコ・ヒュルケンベルグは、この勝利を「キャリア最大の成果」だと話した。

ruman1
ヒュルケンベルグは今回、ポルシェ陣営の3台目となる19号車をドライブ。ポルシェのGTプログラムで活躍してきたニック・タンディ、2014年にポルシェ・モービル1スーパーカップで王座を獲得した24歳のアール・バンバーとともに、WEC世界耐久選手権の第2戦スパ、そして今回のル・マン24時間に臨んだ。

 そんな19号車は、序盤から首位争いに加わると、夜を迎えても大きなアクシデントなく好ペースで周回。夜明けを前にレースの主導権を握ると、最後まで優勢のうちにレースを展開。昨年からLMP1クラスに参戦を開始したポルシェに、通算17回目のル・マン総合優勝をもたらした。

 今シーズンもフォース・インディアからF1に参戦しているヒュルケンベルグは、ル・マンでのデビューウインは夢だったのだと語った。

「今日は、僕のキャリア最大の、素晴らしい成果を挙げることができた」とヒュルケンベルグ。

「勝った直後だから、まだこれが現実だとは思えないんだ。(実感するのは)数日後になるだろうね」

「素晴らしい経験になった。F1という環境からやってきて、ル・マンというレースを体感することができたんだ」

「(優勝は)本当にうれしいよ。より一層うれしいのは、今や語りぐさとなったふたりととともに、いきなりル・マンで勝てたことだ」

 ヒュルケンベルグは、19号車の勝利の鍵となったのは、ポルシェと19号車のドライバーたちがともにミスを犯さなかったことなのだと話す。

「僕たちのクルマにとっては完璧なレースだった。ペースも素晴らしく、ミスとも無縁で、いい流れといいリズムに乗れていた」

「ここ数ヶ月、睡眠も削って死に物狂いで作業をしてくれたみんなに感謝したい。今日はそれに報いることができた」

 またチームメイトのタンディは、夜間のコンディションが19号車が主導権を握るきっかけとなったのだと語る。

「コース上で日が暮れ始めると、僕らのマシンのスイッチが入ったようになって、4スティントのタイヤでも高いパフォーマンスをキープすることができるようになったんだ。それが僕たちの勝利の要因だ」

 3人のうち最年少のバンバーは、919ハイブリッドの3台目のドライバーとして自身を起用したポルシェに感謝の言葉を述べている。

「僕にとっては驚くべき12カ月になった。12カ月前、僕はドイツでティモ(ベルンハルト)のチームからカレラカップに参戦していたんだ。僕を信じ、ここでレースをする機会を与えてくれたポルシェには本当に感謝しているよ」

「ル・マンでの初戦で優勝するなんて、僕の想像を超えているよ!」

[オートスポーツweb 2015年06月15日]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150615-00000002-rcg-moto

ル・マン24時間レースとは

ル・マン 24時間レース(ル・マンにじゅうよじかんレース、仏:24 heures du Mans )は、フランスのル・マン近郊で行われる耐久レースである。24時間でのサーキット周回数を競う。主催はフランス西部自動車クラブ(ACO)。ル・マン24時間耐久レースと記されることもある。
日本で「ル・マン24時間」というと、通常は一年の内で最も昼の長い毎年6月の初めから中頃に開催される自動車による耐久レースのことを指すが、現地では毎年、オートバイによる24時間耐久レースも開催されている。

1923年に初開催された歴史あるレースのひとつで、フォーミュラ1のモナコグランプリとアメリカのインディ500と並び「世界三大レース」と呼ばれる。そのため世界中の耐久レースに大きな影響を与えており、ル・マン・シリーズや世界耐久選手権の車両規定はル・マンのものに準じている。またデイトナ24時間レース、スパ・フランコルシャン24時間レースとともに「世界三大耐久レース」とも呼ばれる。
レースが中止されたのはフランス自動車工業界のストライキの影響による1936年と、第二次世界大戦と戦後の疲弊と混乱による1940年から1948年にかけての間だけである。
各国のメーカーが開発した最新鋭の耐久マシンを、現役のスタードライバーや若手ドライバーがドライブする姿を見ることができるのはもちろん、スプリントドライバーで一線を退いたスター選手や「ジェントルマン・ドライバー」と呼ばれるアマチュアドライバーの走りも見ることができる。

競技はフランス中部にあるル・マン市のサルト・サーキット[注釈 2]と呼ばれる全長13kmを超える周回コースで行われる。そのほとんどは普段は一般道で、スタートおよびゴール地点とその周辺は競技専用のブガッティ・サーキットの一部を使用する。各ストレートやコーナーには「ユノディエール」や「ミュルサンヌ」、「テルトル・ルージュ」、「ポルシェカーブ」、「フォードシケイン」などの名称がついている。
サルト・サーキットの特徴といえばユノディエールという全長6kmに及ぶストレート(右のコース図で言う上のストレート区間)であったが、マシンの進歩により1988年には最高速が405km/hに達するなどしたため、安全上の問題からFISAが再三勧告をし1990年に2箇所のシケインが設けられた。
なお、二輪のレースは「ブガッティ・サーキット」、四輪のレースは「サルト・サーキット」と、ピットエリア周辺一帯は共用しているものの別のサーキットを使用し、各々区別している。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%B324%E6%99%82%E9%96%93%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9

トヨタ勢は6位と8位 自動車のルマン24時間 – 日本経済新聞


朝日新聞

トヨタ勢は6位と8位 自動車のルマン24時間
日本経済新聞
ルマン(フランス)=共同】伝統の自動車耐久レース、第83回ルマン24時間は14日、フランス西部ルマンのサルテ・サーキット(1周約13.6キロ)でゴールを迎え、2台で初優勝に挑んだトヨタは上位争いに絡めず、6位と8位に終わった。 8番手でスタートした中嶋一貴らのトヨタ1号車 …
トヨタ中嶋の1号車、接触で遅れ ルマン24時間決勝朝日新聞
【自動車】ポルシェがルマンを1、2で制す。トヨタの中嶋らは6位スポーツナビ
トヨタ勢は6位と8位 ルマン24時間産経ニュース
日刊スポーツ
all 130 news articles »

【ルマン24時間 2015】21時間経過…いよいよ終盤、アウディ勢トラブル続出 ポルシェ逃げ切れるか – レスポンス


レスポンス

ルマン24時間 2015】21時間経過…いよいよ終盤、アウディ勢トラブル続出 ポルシェ逃げ切れるか
レスポンス
2015年のルマン24時間耐久レースは、ゴールまで残り3時間を切り終盤戦を迎えている。 明け方以降ポルシェ勢が再び上位を独占。トップの19号車(N・ヒュルケンベルグ/E・バンバー/N・タンディ)は343周目に入っており、2番手に17号車(T・ベルンハルト/M・ウェバー/B・ …
ル・マン24時間総合優勝は「キャリア最大の成果」だとヒュルケンベルグスポーツナビ
ルマン ポルシェが1・2で制すBIGLOBEニュース
2015年6月14日 ポルシェ復権!! 超高速ルマン24時間で17勝目!!STINGER
オートスポーツwebオートックワン
all 73 news articles »

【ルマン24時間 2015】1時間半経過、アウディのロッテラー鬼神の走りで3位から1位にジャンプアップ – レスポンス


スポーツナビ

ルマン24時間 2015】1時間半経過、アウディのロッテラー鬼神の走りで3位から1位にジャンプアップ
レスポンス
ルマンは1時間半経過。セーフティカーで各車の距離が一気に縮まると、トップ2のポルシェ17号車/18号車をアウディ『R18 e-tronクワトロ』7号車を駆るアンドレ・ロッテラーが猛追。わずかなスキを突いて一気に2台を抜き去りトップに浮上した。 《編集部》. 8号車アウディ; 18号車 …
ルマン24時間 日本勢はクラッシュなどで振るわずスポーツナビ
日本勢は苦しい序盤に…日産勢はスタート時にトラブルも/ルマン24時間サンケイスポーツ

all 71 news articles »

24H Inside – The 2015 Le Mans 24-Hours TV channel

The Le Mans 24-Hours internet TV channel, which has met with increasing success year after year, is back on the site 24h-lemans.com with an innovation in the 24H Le Mans application. It will complete the already very full contents to help users follow the race down to the tiniest detail. This new service is called 24H Inside, and it will again be provided by the Automobile Club de l’Ouest thanks to backing from Rolex and Michelin. It goes on air on Wednesday 10th June.

Le Mans 24h 2015: Qualifying Sessions 日産ル・マン予選1-3まとめ

トヨタ・レーシング 2015年 コンセプトムービー -Feel Hybrid-

2015年型TS040 HYBRIDは昨年のル・マン24時間レースが終了するとすぐに開発に取りかかり、今­年の1月13日にポールリカールで初走行を行いました。それからチームはモーターラン­ド・アラゴン(スペイン)で2回、ポルティマオ(ポルトガル)で1回、3日間にわたる­テスト走行を行い、今日の発表会までに25000kmの走行をこなしました。
世界チャンピオンとして挑戦を開始する2015年シーズン、トヨタ・レーシングはふた­つのタイトルを守るために全力で戦います。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク