仙台市、汚染された牧草などの本格的な焼却処理を開始


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

jj
jj1

福島第1原発の事故で汚染された牧草などについて、宮城・仙台市は、24日から本格的­な焼却処理を始めた。
これは、仙台市内で発生した、1kgあたり8,000ベクレル(Bq)以下の牧草や「­ほだ木」、およそ530トンについて、今泉工場など、市内3カ所のごみ焼却施設で焼却­処分するもの。
仙台市は、7月から試験的な焼却を行い、国の基準を下回る結果だったとして、24日か­ら本格的な焼却を始めた。
一方、泉区では、松森工場周辺の住民に対して、市が、緊急の説明会を開いた。
説明会では、健康被害を心配する住民から、周辺の畑での放射能検査を徹底してほしいな­どの要望が出された。
仙台市農業振興課の佐々木 孝弘課長は「(市民の)不安や懸念を少しでも解きほぐし、理解をいただき、焼却を進め­たい」と述べた。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク