今回の大雨で生かされた「あの日」の苦い記憶


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

苦い記憶

福島県内では記録的な大雨が降り続いたが、南相馬市の仮設住宅で暮らす住民は、「あの­日」の苦い記憶を教訓に避難の備えをしていた。
11日朝、南相馬市原町区の仮設住宅には、避難場所から戻った住民の姿があった。
仮設住宅の住民は「着替えと子どもの薬と、必要な通帳とか持って避難した」と語った。
未明まで降り続いた大雨の影響で、仮設住宅前の道路では、側溝からあふれた水が、歩道­と同じ高さまで冠水した。
このため、自治会長などが住民たちに避難を呼びかけた。
4年前の東日本大震災では、着の身着のまま避難したという男性は、災害で避難する際に­持って行く必需品などを普段から用意していたという。
男性は「最悪の想定は、常にしているつもり。常に通帳とか、お金とか、ガソリンを満タ­ンにしておく。子どもの薬関係も分かる場所に置き、すぐ取って出られるようにしている­」と語った。
その一方で、「いまさらまた避難というのは、もうあまりしたくないですね」とも話して­いた。
震災発生から4年半。
あの日の苦い記憶は、今回の大雨でも生かされたとみられる。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク