事実がイデオロギーされる


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

イデオロギ-

イデオロギーとは

イデオロギー(独: Ideologie, 英: ideology)とは、観念の体系である。文脈によりその意味するところは異なり、主に以下のような意味で使用される。意味内容の詳細については定義と特徴の項目を参照されたい。現在使われるほとんどの用例では、イデオロギーに政治的な意味が含まれている。

世界観のような、物事に対する包括的な観念。
日常生活における哲学的根拠。
ただ日常的な文脈で用いる場合、「イデオロギー的である」という定義はある事柄への認識に対して事実を歪めるような虚偽あるいは欺瞞(ぎまん)を含んでいるとほのめかすこともあり、マイナスの評価を含んでしまうこともある。
主に社会科学の用法として社会に支配的な集団によって提示される観念。殊にマルクス主義においては階級的な立場に基づいた物の見方・考え方。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%AA%E3%83%AD%E3%82%AE%E3%83%BC

Yahoo!知恵袋から

イデオロギ-という言葉の意味を中学生くらいの子供にできるかぎり易しく教えるとしたら、何て説明しますか?

ベストアンサーに選ばれた回答

ちょっと参考にならないと思うのですけど、書いてみます。

{エネルギー
{イデオロギー

ちょっと2つの言葉を並べて書いてみました。
並べて書くとなんか似ているぞって思いませんか。

上の{エネルギー}というのは説明しなくてもわかりますよね。
ものを動かす力の元になるもの、つまり燃料のことです。
ギーがつくと燃料のようなものになってしまいます。

エネルギーが、ものを動かすための燃料なら、{イデオロギー}はなんのための燃料になるでしょう。
そう、心を動かすための燃料です。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1014949915

01イデオロギ-

引用 さゆふらっとまうんどのHP ブログ
http://sayuflatmound.com/?p=12654

警視庁にドローンを使った爆破予告の疑い 無職の51歳男を逮捕

06/07 23:57
警視庁にドローンを使った爆破予告をした疑いで、51歳の男が逮捕された。
威力業務妨害の疑いで逮捕された、無職・小彼朋和(おがの・ともかず)容疑者(51)は4日夜、「ドローンに爆弾をつけて、警視庁に飛ばしている」などと、うその110番通報をした疑いが持たれている。
小彼容疑者は「ニュースではやっている言葉で、脅してやろうと思った」と、容疑を認めている。

ドローンを「オウム・爆弾」と同じく「危険である」と言うレッテルを貼るための報道です。

このニュースは、動画で容疑者の表情をよく見るべきです。
この容疑者がこの事件を実行しなくても、でっちあげることがいかにも簡単にできそうであることが見て取れます。

そして注目すべきは、この容疑者の後に続く、二人の小柄な人です。
彼らはだれでしょうか?
警察官3人に連れられて3人の一般人と思われる人が歩いているわけですから、自然に考えれば容疑者ですね?

しかしこの事件では、小彼朋和(おがの・ともかず)容疑者(51)だけがピックアップされています。
この「ドローンを使った爆破予告」に共犯がいるとは報道されていません。し、事件内容から共犯の必要がありません。

この映像、何かおかしいなと気付くわけです。

つまり、何か他の容疑で逮捕された3人の容疑者が、向こう側の都合で「ドローンを使った爆破予告」のシナリオに容疑をすり替えて報道しているのではないかと疑ってしまうのです。

そしてこの動画はFNNなのですが、ANNも報道も興味深いです。
一切、後に続く2人を写さないようにしています。
出てきたのは、0・5秒で「頭」だけです。

レッテル

今回このようなことに気付いたことは、大きい出来事です。
警察は、イデオロギー作りの為に、都合の良いように逮捕容疑をすり替えて報道している可能性があるからです。
本当の逮捕容疑は、覚せい剤の使用とかではないですか?
それを「ドローンは危険!」へのイメージ工作ですか?

警視庁さん。


警視庁にドローンを使った爆破予告をした疑いで、男が逮捕された。
威力業務妨害の疑いで逮捕された無職・小彼朋和容疑者(51)は4日夜、警視庁に「ド­ローンに爆弾をつけて、警視庁に飛ばしている。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク