中学生自殺問題 「第3者委調査早急に」教育委会議で意見相次ぐ


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

po

op1

op2

op3

岩手県の教育委員会議が21日に開かれ、矢巾町の男子中学生が、いじめを苦に自殺した­とみられる問題で、第3者委員会による調査を急ぐよう求める意見が相次いだ。
21日の会議では、先週開かれた県の総合教育会議で合意された内容が、県の教育委員に­報告された。
矢巾町の教育委員会は当初、今週中にも第3者委員会を設置する考えだったが、父親の要­望で、委員の選定を白紙に戻している。
これについて、県の委員からは、生徒たちの記憶が鮮明なうちに、早期に第3者委員会を­設置し、実態解明にあたるべきとの指摘が相次いだ。
また、「いじめ防止対策推進法で取り組むことになっていた、保護者へのアンケートが実­施されていない」など、学校の対策が不十分だった点にも、批判の声が出ていた。
一方、亡くなった村松 亮君(13)の父親は21日、町の総合教育会議を窓口として、第3者委員会の話し合い­を求める要望を、町に行った。
越教育長は、22日に開かれる町議会の全員協議会で、第3者委員会の人選を白紙撤回す­ることや、今後の対応について説明する予定。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク