中国のゾンビ肉か ピクピク動いてる!?


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

ゾンビ

山東省に住んでいる中国人の女性は、牛肉を購入した1時間後にステーキをカットしようとすると肉が不穏な動きに気づき脈動しているのを見つけてぞっとした、それが「まだ生きている」ように見えたと、人民日報オンラインが報じました。
http://www.dailymail.co.uk/news/peoplesdaily/article-3142912/Pulsating-beef-China-taken-home-butchers.html

ゾンビ肉とは

「ゾンビ肉」とは、何十年も前に冷凍保存されて市場に出回ることのなかった肉のことで、それらの冷凍肉が現在中国市場で販売されており問題となっている。こうした違法な冷凍肉を中国のネットユーザーらが「ゾンビ肉」と呼んでいるのだ。

zonnik1

zoniku

「ゾンビ肉」、中国で流通 一部は70年代生産の記録

中国の税関当局が冷凍肉の密輸グループを摘発したところ、1970年代、80年代の肉が流通していたことが分かった。食品の安全問題には事欠かない中国だが、「ゾンビ肉」として話題になっている。国営新華社通信などが伝えた。

 税関当局は全国で20以上の密輸グループを摘発。鶏の手羽先や足、牛肉など10万トン以上、計30億元(約593億円)相当の肉を没収した。一部の包装に、70年代、80年代に生産されたとの記録があったという。

 報道によると、密輸肉の原産国は米国やブラジルなど。長期保存の経緯は明らかでないが、中国メディアは「戦時用に備蓄されていた肉ではないか」などと推測している。湖南省の摘発例では、いったん香港に集められた後、ベトナム経由で密輸。途中、冷凍車を使わずに溶けて腐り、再び冷凍された肉もあった。
http://www.asahi.com/articles/ASH6R5JJ9H6RUHBI01W.html

「喪屍肉在中国」(ゾンビ肉は中国にあり)?10万トン以上のゾンビ肉没収も今日も中国は平常運転 – BLOGOS


サーチナ

「喪屍肉在中国」(ゾンビ肉は中国にあり)?10万トン以上のゾンビ肉没収も今日も中国は平常運転
BLOGOS
うーん、ここ重要なんですが、この記事で「10万トン以上」としているのは、あくまで税関当局が今回没収したゾンビ肉の量なのでありまして、今までにすでに流通してしまった肉の量や、税関当局が見過ごしてしまっているであろうゾンビ肉の総量は、全く不明な点であります。
ゾンビ肉」、中国で流通 一部は70年代生産の記録朝日新聞
ゾンビ肉」 中国で出回る「消費期限40年前」の冷凍肉・・・食生活の「スリラー」=中国メディアサーチナ

all 7 news articles »

ゾンビかよ!中国で「ゾンビ肉」ピクピク動く謎の肉が話題に – 秒刊SUNDAY


秒刊SUNDAY

ゾンビかよ!中国で「ゾンビ肉」ピクピク動く謎の肉が話題に
秒刊SUNDAY
中国といえばもはやなにがおきても不思議ではないほど、シュールで謎に満ちた国家として成立し始めておりますが、こちらの話題はもはや「驚き」というより、「どんな新ネタだ?」と密かに期待を込めてのニュースでもあったりするわけでございまして、ためしに興味本位で見てみれ …

and more »

40年前の肉!?中国で「ゾンビ肉」と呼ばれる肉が日本に流通している可能性がある


中国で密輸された冷凍肉およそ600億円相当が税関当局に押収されました。
中には、実に40年ほど前の肉も含まれていて、市場に出回っていたとみられています。
肉の種類は鶏・牛・豚。
税関職員いわく、解凍と再冷凍が何度も繰り返された肉は「臭く」、見つけたときは吐き­そうなほど異臭だったようです。
2013年にはネズミの肉がマトン(羊肉)として販売されていたこともありました。 
さすが中国というべきか…

中国で冷凍肉密輸の取締り、40年前の肉も市場に流通か




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク