三菱リージョナルジェット 日本初、国産ジェット「MRJ」最重要拠点オープン


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

j

MRJ(三菱リージョナルジェット、英: Mitsubishi Regional Jet)は、三菱航空機を筆頭に開発・製造が進められている小型旅客機。
現在の名称が決定する2007年2月以前の構想・計画段階では、「MJ (Mitsubishi Jet)」、「Next Generation RJ」、「環境適応型高性能小型航空機」などの名称で呼ばれていた。

三菱重工業を筆頭に日本製の小型旅客機として計画が開始された。2008年の全日空からの受注を受け、三菱航空機として事業を子会社化し、開発・製造が進められている。2014年には日本航空から31機の確定発注を受け、購入について基本合意に至り、2015年1月に正式契約を締結した。
2014年10月18日にロールアウト(完成披露式典)、初飛行は2015年9 – 10月を予定している。
MRJは、経済産業省が推進する事業の一つであった新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が提案した環境適応型高性能小型航空機計画をベースとして、三菱航空機が独自に進める日本初のジェット旅客機である。日本が独自の旅客機を開発するのはYS-11以来40年ぶりである、機体製造は県営名古屋空港に隣接する敷地で行われている。
2014年10月にロールアウトするまでに400機以上の受注を世界各国の航空会社より獲得している。海外での販促活動を不得手としたYS-11の教訓を充分に取り入れた事で、製造会社である三菱航空機は、これからさらなる成長が期待される世界の航空機製造業界において、安定した成功を収めているといわれている。日本国内大手の日本航空や全日空が次期主力リージョナル路線用機材として発注している他、アメリカ合衆国のリージョナル路線大手であるスカイウェスト航空やイースタン航空などからまとまった規模での確定発注を獲得しており、その他アジア地域の航空会社からも安定した発注を獲得している。

仕様

h

j1
機体

外観は円筒形の機体に後退翼、主翼下にエンジンを備えた一般的な小型ジェット旅客機と同じであるが、機首や主翼は空気抵抗を考慮した形状を採用している。地上設備や車両との接触、また地方空港での整備性を考慮し、胴体はアルミ合金製が採用された。他方、このクラスの機体では初めて主翼・尾翼を炭素系複合材料とし、全体の3割程度を複合材料として軽量化を図ることが予定されていたが、後に主翼はアルミ合金製へ変更された。これはMRJの主翼の曲率はR800程度と大型機のR2000程度に比べて大きく、強度確保のためには積層枚数の増加・補強材追加の必要性が判明し、予定したほどの軽量化が望めなくなったためとされている[46]。なお、当初予定の複合材割合3割でも、5割程度に達するボーイング787やエアバスA350 XWBのような大型機に比較すると少ないが、頻繁に離着陸を行うリージョナルジェットの特性を考慮したものであった(複合材は伸びる力に強いが衝突など押す力には弱い)。
燃費は機体形状の最適化や複合材による軽量化によって、従来の機体より2割削減した。また、国際民間航空機関 (ICAO) による最新の環境基準(チャプター4・CAEP6)を大幅に上回る性能で、従来の機体より低騒音かつ環境負荷を低減した機体としている。航続距離は、MRJ70/90LR型共に、欧州や米国の全域をカバーできる能力を持つ。
機内は「新しい快適さ」というコンセプトのもと、モダンでスタイリッシュな客室空間を計画した。前方扉と後方扉を左右同一のステーションに配置し、翼上の非常脱出口を廃したことから、柔軟かつ多様な座席レイアウトを可能とした。キャビンはほとんどの米国人男性が収まる値の1.88mを考慮して高さ約2mとし、大抵の欧米人男性なら屈まずに室内を移動できるようにした。通路幅・座席幅は共に46cm、座席配列は通路を挟んで左右2列ずつの横4列で中央座席は無く、乗客は容易に移動することができる(胴体断面は真円よりやや横に広げることで、居住性を高める計画だったが、真円に近い形状に改められた)。
座席はマツダ系列企業のデルタ工業と共同開発したスリムシートで、日本独自の三次元立体編物技術を使用し、従来のウレタン製座席よりも薄くすることが可能であり、座席の前後の間隔に余裕を持たせ、従来より足元の空間を広々ととれる。また体にかかる圧力を分散させ、通気性にも優れており、乗客はゆったりと快適に座れるとしている。オーバーヘッド・ビン(荷だな)はローラー付バッグも収納できる大きさである。便所は車椅子を用いた利用も可能である。
コックピットはボーイング787と同等のものの採用を検討しており、画面4面を用いたグラスコックピットとなる。当初、操縦桿はエアバス機などと同じくサイドスティック方式とすることも考えられたが、地方航空会社が扱いやすいよう、ボーイング機と同じ操縦輪方式となっている。
.wikipedia

日本初、国産ジェット「MRJ」最重要拠点オープン – テレビ朝日


テレビ朝日

日本初国産ジェットMRJ最重要拠点オープン
テレビ朝日
日本初国産ジェット旅客機「MRJ」の完成に向け、飛行試験の最重要拠点がアメリカ・ワシントン州に新設されました。 注目されるMRJの最初の飛行試験は、早ければ来月にも日本で実施され、その後は制約の少ないワシントン州で重点的に行われます。その技術開発の拠点

and more »

Check-check-check toward an MRJ inaugural flying, Paris Airshow 2015

MRJ First Taxiing June 8, 2015

MRJ Program status April 2015

MRJ – Mitsubishi Regional Jet




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク