リンゴ病で警報 東京都手洗い、うがいで予防を


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

りんご
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/0/10265.html

リンゴ病 東京都が初の警報

リンゴ病 東京都が初の警報…手洗い、うがいで予防を

東京都都は25日、小学校入学前後の子供を中心に感染するウイルス感染症「伝染性紅斑(リンゴ病)」の患者数が警報基準を超えたとし、都全域に流行警報を発令した。1997年の調査開始以来、都がリンゴ病で警報を出したのは初めて。

 リンゴ病の流行を巡っては、1医療機関あたりの患者数が週に2人を超えた保健所を「警報レベル」とする。警報レベルの保健所管内の人口が都内全人口の3割を超えると、都は都内全域に警報を出す。
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6164894

子供に多い「リンゴ病」 が流行の兆し 東京都が初の警報
ringo
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/0/10265.html

都、「リンゴ病」に初の警報 感染予防呼び掛け – 東京新聞


マイナビニュース

都、「リンゴ病」に初の警報 感染予防呼び掛け
東京新聞
東京都は二十五日、皮膚の発疹などを起こす感染症「リンゴ病」の流行が拡大しているとして、都内に警報を発令した。約五年に一度の割合で流行を繰り返すが、一九九七年の調査開始以来、警報発令は初めて。妊娠中に感染すると流産などの危険があるため、手洗いやうがい、 …
東京都内で伝染性紅斑(リンゴ病)の警報発令–「保育園でも流行」と不安な声マイナビニュース
東京リンゴ病「大流行」発表 予防を呼び掛けテレビ朝日
リンゴ病」流行で警報発令 東京産経ニュース

all 9 news articles »

流産恐れの「リンゴ病」、4週連続増 – キャリアブレイン

流産恐れの「リンゴ病」、4週連続増
キャリアブレイン
ほおが赤くなることからリンゴ病とも呼ばれる「伝染性紅斑」の患者報告数が4週連続で増えていることが31日、国立感染症研究所のまとめで分かった。東京都や埼玉県など首都圏で報告数が多かった。県内の一部地域で警報基準値を上回った新潟県は「妊婦が感染した場合 …

リンゴ病とは

伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)とは、ヒトパルボウイルスB19による感染症である。リンゴ病という通称がよく知られている。

原因

ヒトパルボウイルスB19の初感染による(ウイルスについての詳細はパルボウイルスを参照のこと)。
感染経路は経気道的な飛沫感染である。ただし、ウイルスが排泄されるのは(免疫が正常の患者では)特徴的な発疹が出現するよりも1週間程度前までなので、伝染性紅斑の患者を隔離しても他者への感染予防にはならない。

症状

潜伏期間5~6日で血液中にウイルスが出現、気道分泌物への排泄が始まる。
成人では感染7日目ごろから発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛などの非特異的症状がみられるが、小児ではこれらの症状が欠けることが多い。数日で血液中のウイルスが消失し、非特異的症状も改善、ウイルスの排泄もみられなくなる。
その後約1週間は無症状。
無症状期の期間を過ぎて後、発疹が出現する。まず両側の頬が発赤し、その後1~4日で体幹・四肢にも紅斑(赤い、平坦な発疹)が出現する。体幹・四肢の紅斑はある程度まで大きくなると、中央から退色し、網目状の発疹(レース状皮疹と表現される)となるのが特徴的である。
小児では発熱などもほとんどみられず、発疹だけが出現して治癒していくことが多い。
一方成人では、頭痛、掻痒感、発熱、関節痛および関節炎、筋肉痛など多様な全身症状を伴う。

治療・予防

特異的な治療方法はないが、基礎疾患がない患者では一般に予後は悪くない。関節症状が強い場合には鎮痛薬が必要となる。
一過性骨髄無形成発作では、濃厚赤血球の輸血が必要となることがある。
持続性感染による慢性貧血の場合、免疫グロブリン投与が必要となることがある。
胎児水腫に対する治療法はない。妊娠経過中から出生後の成長発達まで、慎重に経過を観察する。人工妊娠中絶は適応ではない。
2006年9月現在、ヒトパルボウイルスB19ワクチンは存在せず、能動免疫による予防は不可能。
ヒトパルボウイルスB19の排泄時期は、特徴的な症状が出現するよりも1週間以上前であるため、隔離による伝播予防も困難である。妊婦は原因不明の発熱をしている患者に接触すべきではないが、小児ではウイルス排泄の時期に何も症状がないため、妊婦への感染予防も困難である。ワクチンの開発が望まれる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9D%E6%9F%93%E6%80%A7%E7%B4%85%E6%96%91

中野区内で伝染性紅斑 通称リンゴ病が流行

増えるリンゴ病患者 妊婦の感染に注意を


増えるリンゴ病患者 妊婦の感染に注意を頬がリンゴのように赤くなり、風邪のような症状が出る「伝染性紅斑­(リンゴ病)」の患者が増えている。子供への感染が多いとされる病気だが、妊婦への感­染は注意が必要だ。  リンゴ病は、発熱など風邪のような症状後、頬や手足に赤い発疹が出るのが特徴で、せき­やくしゃみなどで感染する。厚生労働省によると、4月中旬からリンゴ病の報告が全国的­に増えていて、過去5年の同じ時期より多いという。埼玉県は今月8日、リンゴ病の「流­行警報」を4年ぶりに発令している。  リンゴ病患者は小学生が多いというが、リンゴ病は大人もかかることがあり、特に妊婦に­は注意が必要だという。さいたま市の峯小児科・峯眞人理事長は「妊娠の早い時期に感染­してしまいますと、流産、元気な赤ちゃんが生まれない、そういう状況が起こる可能性が­ある。妊婦さんが感染した場合には、我々も非常に気をつけて診なければならない」と話­す。また、妊娠4か月以降で感染すると、流産だけでなく、胎児の体に水がたまる「胎児­水腫」という病気になるおそれがあるという。  また、予防法について峯理事長は「子供たち同士はうつってもそれほど重くなることはな­いので、普段通り手洗いをしてうがいをして十分だと思いますが、妊婦さんに関しては子­供たちがいっぱい集まる所、リンゴ病が流行している幼稚園や学校に行くことは控えた方­が安全」と話す。  リンゴ病は例年、7月上旬頃にピークを迎える傾向があるため、各自治体は注意を呼びか­けている

「りんご病」流行拡大のおそれで、県が注意喚起を出しました。

宮城県は、伝染性紅斑いわゆる「りんご病」について、流行が拡大するおそれがあるとし­て、28日、県内全域に8年ぶりとなる、注意喚起を出しました。
発症した子どもたちが重症化するおそれは少ないものの、妊娠中の女性がかかると、ごく­まれに、流産する危険性もあるといいます。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク