ランチパック 芳醇 発がん性物質指定の添加物使用、厚労省が表示要請


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

ランチパック

芳醇

山崎製パン「ランチパック」「芳醇」、発がん性物質指定の添加物使用、厚労省が表示要請

動脈硬化や心臓病のリスクを高めることから、「狂った脂肪」と称されるトランス脂肪酸ですが、米国食品医薬品庁(FDA)は、2018年6月以降トランス脂肪酸の食品への利用を禁止すると発表しました。
 トランス脂肪酸は牛肉などにも含まれていますが、これはシス型のトランス脂肪酸で、含有量はごくわずかなため心配はありません。健康に悪影響を与えるのは、人工的につくられるトランス脂肪酸です。これはマーガリンやショートニングの製造過程で、固形化するために行われる水素添加によって生成されます。
 世界的に10年程前からトランス脂肪酸規制の動きが強まり、03年に「食事、栄養及び慢性疾患予防に関するWHO/FAO合同専門家会合」は、トランス脂肪酸の摂取量を、総エネルギー摂取量の1%未満とするよう勧告しました。これを1日消費エネルギーが平均約1900キロカロリーの日本人に当てはめると、摂取量は1日約2g未満となります。
 食品安全委員会では日本人の1人当たり平均のトランス脂肪酸摂取量は消費エネルギーの0.3~0.6%と試算、「日本人は欧米人に比べてトランス脂肪酸の摂取量は少ないので規制する必要はない」との見解を07年に出しています。そのため、日本では食品に含まれているトランス脂肪酸含有量の表示もされていません。
http://biz-journal.jp/2015/09/post_11512.html

山崎製パン「ランチパック」「芳醇」、発がん性物質指定の添加物使用、厚労省が表示要請 – Business Journal (風刺記事) (プレスリリース)


Business Journal (風刺記事) (プレスリリース)

山崎製パン「ランチパック」「芳醇」、発がん性物質指定の添加物使用、厚労省が表示要請
Business Journal (風刺記事) (プレスリリース)
山崎製パンの「ランチパック」 動脈硬化や心臓病のリスクを高めることから、「狂った脂肪」と称されるトランス脂肪酸ですが、米国食品医薬品庁(FDA)は、2018年6月以降トランス脂肪酸の食品への利用を禁止すると発表しました。 トランス脂肪酸は牛肉などにも含まれています …

and more »

「マーガリン」「ショートニング」「ファットスプレッド」危険な油、トランス脂肪酸って何?|管理栄養士高橋 敦子先生が解説【schoo(スクー)】

アメリカがトランス脂肪酸を含む食品添加物を全面禁止に

トランス脂肪酸(トランスしぼうさん、trans fat、trans-unsaturated fatty acids、TFA)は、構造中にトランス型の二重結合を持つ不飽和脂肪酸。トランス型不飽和脂肪酸(トランスがたふほうわしぼうさん)、トランス酸(トランスさん)とも。トランス脂肪酸は、天然の植物油にはほとんど含まれず、水素を付加して硬化した部分硬化油を製造する過程で発生するため、それを原料とするマーガリン、ファットスプレッド、ショートニングなどに多く含まれるほか、これらを原料とするパン、ケーキ、ドーナツ、クッキーといった洋菓子類、スナック菓子、生クリームなどにも含有される[1]。一定量を摂取するとLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加させ心臓疾患のリスクを高めるといわれ、2003年以降、トランス脂肪酸を含む製品の使用を規制する国が増えている。

植物油や魚油などから得られる天然の不飽和脂肪酸の場合、ほとんどすべての二重結合はシス型をとり、折れ曲がった構造をもつ。一方、酸化による劣化が起こりやすいという面で扱いにくい不飽和脂肪酸から、酸化による劣化がしにくいという面で扱いやすい飽和脂肪酸を製造するために水素を添加(水添)し水素化させると、飽和脂肪酸になり切れなかった一部の不飽和脂肪酸のシス型結合がトランス型に変化し(エライジン化し)、直線状の構造を持つようになる。このような不飽和脂肪酸をトランス脂肪酸という。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8

トランス脂肪酸を含む食品

マーガリン ピーナッツバター マヨネーズ コーヒークリーム カップ麺 インスタント麺 レトルトカレー

フライドポテト チキンナゲット フライドチキン ケーキ クッキー&ビスケット 菓子パン

ポテトチップス 冷凍食品 冷凍唐揚げ 冷凍ピザ など

トランス脂肪酸が体に及ぼす悪影響は

中性脂肪が増えて肥満になる 

トランス脂肪酸を摂ると、血液中の中性脂肪が増えてしまいます。そのため、体に脂肪がたまりやすくなって肥満になる可能性が高くなります。

動脈硬化を促進し重大な病気を引き起こす

脳卒中 脳梗塞 心筋梗塞 下半身壊死
などの、生活習慣病を引き起こす起こす可能性が高まります。

アレルギーの病気にもなる

アトピー性皮膚炎 アレルギー性鼻炎 気管支喘息

記憶力を低下させる

最新のカリフォルニア大学の研究で、トランス脂肪酸を降り過ぎた人ほど、記憶力が低下している傾向があることが分かったそうです。

なぜ、このような原因になったのか詳しくは分かっていないようなのですが、トランス脂肪酸を摂ることで体が酸化され、体内に活性酸素が増えたからと考えられているんですよ。

農林水産省/すぐにわかるトランス脂肪酸




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク